2017年2月15日 (水)

ビジネスマン御用達の昼食屋さん

定禅寺通りにある、「旬・里の味 井上」さんは昼食に特化したご飯屋さんです。それも、労働者向け。何しろ、営業は平日のみですから。

場所はメディアテークの正面にある井上ビルの3階。

Dscn0575_002

メニューは毎日二種類の定食のみ。訪問した日のメニューはこちら。つくねみたらし団子揚げ、または、ハジキフライです。常連さんは「お肉」とか、「お魚で」と注文しています。

Dscn0578_003

シュナッペルはお魚を注文。ハジキとはブリのことだそうです。フライの上には摩り下ろした山芋が添えられています。刻んだユズの皮が良い香りです。メインディッシュに加え、小鉢が三つ付きます。さらには、食後のコーヒーも。

Dscn0580_004

このお店、たびたび訪問していますが、同じメニューにあたったことがありません。女将さんの引き出しの多さを感じさせるお店です。そして、何より、メニューに野菜が多い。普段から外食が多くて野菜が不足気味な方にはお勧めのお店です。

冒頭に書きましたが、井上ビル。お店の名前も「井上」。もしや、お店の経営者の持ちビルでしょうか。2階には「Bery Bery Bery」というカフェーがあります。そこの女将さんが「井上」で給仕する姿を見かけたのですが、もしや、「Bery Bery Bery」も含め、このビルに入っている飲食店はすべて井上グループが経営する店なのかもしれません。

Actin2

行ってみたいと思った?

井上

仙台市青葉区立町26-19 Yahoo!地図

営業時間 11:30 ~ 14:00

定休日 土曜日、日曜日、祝日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月12日 (日)

カールスバーグの生が飲めるお店

杜の都の晩翠通り、以前は「くじらもなか」のお店があった場所に最近できた、カフェ・パティーナ。フレンチトーストとコーヒーのお店のようですが、今回は、お昼ご飯を食べに行ってきました。

Dscn0587_007


日曜の午後一時ごろ、四つあるテーブルは満席です。一人メシだったので5席あるカウンターへ。

まずは、ブログタイトルどおり、カールスバーグ生を。ごくごくと、水代わりに飲めます。

Dscn0582_005
喉を潤した後はガバオライスを注文。鶏肉ミンチを甘辛く加熱したタイの料理だそうです。小さく刻んだ軟骨がプチプチと第六の食感、「おもしろ味」を刺激します。サラダ、味噌汁がついて\800-なり。ランチ注文時にはドリンク\100-引き。ソフトドリンクだけかなと期待していませんでしたが、カールスバーグもしっかり\100-引きで、合計\1,200-でした。

Dscn0584_006
他のメニューはというと、日替わりランチが\800-、この日はハヤシライス。他にも、温玉キーマカレー、フレンチトーストランチ、サラダボールが\800-。押しはフレンチトーストのようです。コーヒーはお一人さまごとにサイフォンで入れておりました。

Dscn0588_008

今度は、フレンチトーストを食べてみよう。

店内には女将さんの関西弁が響く、なかなか心地の良いお店でした。

Actin2

いってみたいと思った?

Cafe patina

仙台市青葉区春日町7-33 Yahoo地図

営業時間:11:00 - 21:00

定休日:調査中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月15日 (日)

あれ、こんなところにiPadが落ちている

Appleストアに展示されているMacbookのモニターの角度は、机からみて70度から80度に設定されているらしい。

椅子に座って使う分にはちょうど良い角度なのだが、お店に来るお客さんは立ってるわけだから、ちょっと角度がきつすぎる。わざと見にくい角度に設定して展示する。

客はよく見えないぞと思って、モニターの角度を調節してしまう。つまりMacbook本体に触らせるのがその目的らしい。

真偽はさておき、今日、一番町のアッポーストアに行ったら、本当に70度とか80度にモニターが設置してあって、ネットの情報は半分本当だと思ったわけだ。

策にはまるのは悔しいから、モニターの角度は変更せず、目線を下げて、つまり、腰を下げてフニフニしていたら、店員さんが、

「モニターを見やすく調節してくださいね」

と、言ってくるではないか。

ブレーク・ジ・アイスである。感じの良い店員さんだったので、思わず、話しこんでしまった。Macbookは買わないけど。

20170115ipadmini2_2


さて、なぜか、家のテーブルにiPadが落ちている。mini2のWi-Fiの32Gの一番チープなやつだ。

仕事で使う。

おっと、仕事の話しはブログでは厳禁だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月 1日 (日)

開けましておめでとうございます

2017年が皆さんにとって良い一年になることを心よりお祈り申し上げます。

さて、前回のブログ記事からほぼ3年ぶりの更新となってしまいましたが、心機一転、2017年はマメにブログを更新していこうと思います。更新の手順も忘れてしまいました。記事のフォーマットがアペコペになってしまうかもしれませんが、なにぶんご容赦ください。

新年、最初の記事は、やはり、ニュー・イヤーズ・レゾリューションでしょう。

一つ、昨年乱れに乱れてしまった生活のリズムを正常に戻します。思えば、2016年3月に職場内で移動を命じられてからが転落の始まりでした。帰宅が遅くなったので、どうしても晩御飯の21時近く、遅いときには22時ということも。これでは健康に良くない。

誓います。夜9時以降は物を食べない。

二つ、自己か学習に再度力を入れます。へとへとになって帰宅したら、正直、何もヤル気が起きない。ご飯を食べてばたんキューです。土日も、家でごろごろしているだけ。これではだめだ。

誓います。仕事関係の勉強をコンスタントにやります。勉強会にも積極的に参加します。

三つ。健康維持に努めます。普段はせいぜい110ぐらいにしか上がらない血圧も、昨年末には145を記録しました。収縮期高血圧です。ヤバイ。

誓います。早寝早起きします。

誓います。ジョギングの習慣を再開します。

四つ。英語のスキルアップに努めたいです。将来、仕事を辞めたら、アメリカ西海岸のパシフィック・クレスト・トレイルを歩いてみたいのです。ハイキングなんですけれど、英語でのコミュニケーション能力が生死を分けるハイキングなんです。

誓います。NKHラジオの英語学習番組を聴いて、Podcastの英語番組もコンスタントに聴きます。

残業時間を去年より減らせば、達成できるニュー・イヤーズ・レゾリューションだと思うのですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年3月24日 (月)

三年前

気がついたら、明日は3月25日。例年通りならナニワ大学の学位授与式が大阪城ホールで執り行われるはずである。

自分も一年前にはジョーホールに行ったわけであるが、より記憶に残っているのは三年前の学位授与式だったりする。共に学んだ薬学科同級生の学位授与式を二階席から見ていたのだ。

そのときに聞いた鷲田総長の式辞。その言葉は卒業生に贈られたものであったが、薬学科4年の卒業しない自分にも向けられた言葉であったように思う。事あるごとにそれを思い出し、そして、どれだけ勇気付けられたことか。住み慣れた大阪を離れ、知り合い一人いない仙台でやってこれたのも、鷲田先生のお言葉があったからである。

いま、先生の式辞の録音を聞き返してみる。内容とともに鷲田先生の暖かな語り口が、心にしみる。そして、来年度からもがんばって仕事をしていこうという気持ちが心の底から湧き上がってくるのだ。

よし、4月1日から、また、ブログを再開しよう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年1月17日 (金)

木蘭の涙

1月17日にしか聴かない曲、スターダスト・レビュー「木蘭の涙

スターダスト・レビュー「木蘭の涙」しか聴かない日、1月17日

合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月26日 (火)

卒業式

今日は平成24年度の浪速大学卒業式が大阪城ホールで挙行されました。シュナッペルも無事卒業の運びとなり、ジョーホールのアリーナで参列してきました。

その後、学部に戻り学位記を受け取り、簡単な立食パーティ。

ラボに戻って先生方や先輩に挨拶した後、梅田に移動。

夕方から薬学研究科卒業生と薬学科卒業生の合同パーティ。これで会うのも最後かと思うと、胸からこみ上げるものがありました。

二次会は1時間ほどで退席。何しろ、明日は引越しですから。

いろいろと書きたい思いはありますが、それはおいおい。

皆様、6年間の間、「待兼山のシュナッペル」をお読みいただきありがとうございました。明日は杜の都に旅立ちます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年3月13日 (水)

研究引継ぎ

昨日は梅田のドルフィンズで研究打ち合わせ。大学が後期入試で入構禁止のため。

自分では、我流ながら実験データや思考のファイルをよく整理していたほうだとは思う。しかし、卒論提出の直前におこなった実験はテンポラリーな場所にデータを保存していたし、その整理も完全ではない。他人が見たらどこに何があるかわからないであろう、データの入ったハードディスクを下級生に押し付けてきた。

一応、主要なファイルの保存されているディレクトリはメモに残してきたが。

3年間のラボライフもこれで完全終了。後は卒業式を残すのみ。ベデット一杯とフリテンを食しドルフィンズ前で後輩と別れるときにはちょっとウルッときた。彼とはもう一生会わないかもしれないなぁ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年3月11日 (月)

引越し

引越し準備がぜんぜん進まない。新居に送り出す荷物を作る前に、捨てるものが多すぎる。

今回は引越し便を使わずに、宅急便で複数個の段ボール箱を送る作戦。黒猫大和は箱の大きさに加え、総質量の縛りがある。安く上げるために、20kg、25kgと制限質量を超えないように苦労する。

箱の底部に密度の大きい本を敷き詰め、上にはタオルや下着などの軽いものを置く作戦。家には秤が無いから体重計で代用だ。

郵パックはサイズだけの制限。どの大きさでも30kg以下ならOKだ。なんだ、郵便局のほうが気を使わなくていい分、楽ちんだ。つめるだけ詰め込んだら、本だけで25kg。

重い。

紙ガムだけでは不安なので、十字に紐がけ。

というわけで、今日は段ボール箱六つを郵便局に持ち込み、当座使わないものを実家に送ったのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 9日 (土)

FXかDXか

カメラを衝動買いしようかと迷っているのだが(笑)、FXフォーマットに行くべきか、DXフォーマットに行くべきか迷っている。

購入の動機はD70のしょぼさに不満を感じてきたから。大学入学当時、つまり、6年前はD70を構えていれば、すごいという言葉を同級生から頂いた。しかし、今では1万円前後のコンパクトデジカメですら、D70の600万画素を上回る時代。

D70ではだめだ。

DXフォーマットなら10万円以下で買える。それもひとつの手ではある。

このプランで勿体無いのは、F100で使っていたFマウントのレンズが死んでしまうこと。この先、FE2とマニュアルレンズで撮影することはあっても、F100の出番はなさそうな気がする。

Ai AF 50mm 1.4Dが泣く。60ミリメートルのマクロレンズが泣く。シグマの魚眼が泣く。

しかし、FXフォーマットは高いからなぁ。

余談ではあるが、シグマの魚眼、15mm 2.8DをD70に合わせると、ちょうど良い画角が得られて、これはこれでよい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«引越し準備