« 情報処理でタグ手打ち | トップページ | シュナッペリンもビックリの入院書類 »

2007年6月25日 (月)

物理学概論I

こりゃやばい。何がやばいかって、聞いてる人の95%は理解してないと思われる。

だいたい、物理や数学の講義にパワーポイントはなじまない。講義する人はパッパッとスライドを切り替えるだけなのだが、ノートとるほうはほうは必死。スライド1枚に記載されている数式と文字の数が多すぎる。内容を理解するよりも、ペンを動かすだけで必死なのだ。

やっぱ、パワーポイントを使った講義はだめだよな、数学や物理では。教科書とチョークケースだけを持って颯爽と講義室に登場し、すらすらすら~っと講義して帰っていく先生は、かっこいいです。

今日の物理の講義、自分でも、「あぁ、そんなことを過去にやったなぁ」、と記憶を手繰るだけ。初めて聞く人は、絶対にわからないって。

だって、60分で摩擦の入った減衰振動から強制振動までやるんですよ。

Dscn3811_640

|

« 情報処理でタグ手打ち | トップページ | シュナッペリンもビックリの入院書類 »

大学生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209119/15558756

この記事へのトラックバック一覧です: 物理学概論I:

« 情報処理でタグ手打ち | トップページ | シュナッペリンもビックリの入院書類 »