« 大学生活環境論-大学キャンパスにおけるカルト問題 | トップページ | ドイツ語の中間テスト結果 »

2007年6月12日 (火)

年金問題、自衛するしかない

請求書の時効はたいてい5年間だ。だから支払いの証明になる各種領収書は5年程度は保存すべき。

国民年金の領収書。これも5年でいいのか?いやいや、実際に年金を受け取るのは40年後だ。領収書が効力を発揮するのはこの時だ。だから、自分は今までの国民年金の領収書を今も持っている。

社会保険庁のシステムがいつダウンしてもOKだ。ハードディスクが飛んでも、磁気テープがワカメになっても、マイクロフィルムが消失してもOKだ。

さて、新聞等を読むと社会保険庁への文句を言っている人がたくさんいる。が待てよ。その社会保険庁を長年運営してきたのは自民党政権で、それを選んできたのは、今文句を言っている世代じゃないのか?結局、自分たちが自民党選んできたそのつけを今被っているのだ。

結局は自分が悪いんじゃないか。天に向かって唾してどうする。

|

« 大学生活環境論-大学キャンパスにおけるカルト問題 | トップページ | ドイツ語の中間テスト結果 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209119/15403784

この記事へのトラックバック一覧です: 年金問題、自衛するしかない:

» 国民健康保険・学生納付特例制度 [国民健康保険]
学生納付特例制度とは本来20歳になった時から国民年金の被保険者となり、保険料の納付が義務づけられています。しかし 、学生については、申請により在学中の保険料の納付が猶予される「学生納付特例制度」が設けられています。 本人の所得が一定以下(注1)の学生(注2)が対象となります。なお、家族の方の所得の多寡は問いません。 ※夜間・定時制課程や通信課程の方も含まれますので、ほとんどの 学生の方が対象となります。では、この特例制度は申請しなければなりませんがそして、承認を受けていること...... [続きを読む]

受信: 2007年6月17日 (日) 12時47分

« 大学生活環境論-大学キャンパスにおけるカルト問題 | トップページ | ドイツ語の中間テスト結果 »