« 宝達山マラソンに出たい | トップページ | バスキンロビンス »

2007年8月17日 (金)

スキャナーを買った

今までスキャナーを持っていなかった。写真のフイルムをスキャンするスキャナーなら数年前に購入したものが死蔵されているのだけれど、紙をスキャンするスキャナーは持っていなかったのだ。

授業で提出するレポートに挿入する図や、ブログに載せる図は、紙にペンで手書きしてデジカメで撮影、その後編集ソフトで切り出しと修正していた。

ところが、デジカメは歪みが結構大きいし、照明の具合、フラッシュの具合によっては周辺が暗くなってその修正が面倒だった。

そこで、理想科学のSCAMO(スキャモ)を買ってきた。二万円。いまどき、この金額を出せばプリンタ・スキャナーの複合機が購入できる。デジカメでもそこそこ良い物が購入できる。そこをあえて、マイナーなメーカーのマイナーなスキャナー。

Dscn3593_640

これはデジカメで撮影

SCAMOのスキャンサイズは葉書きの大きさ、解像度は300dpiというしょぼさ。その代りに、スキャンしたい物の上にダイレクトにスキャナーをかぶせて、範囲を確認しながらスキャンできる。これは便利ですぞ。しかも、被写体の厚さを選ばないから、下の写真のようにトートバックの表面、ぶら下がったままのカーテンといった立体物も手軽にスキャンできる。

Scan0013_640

トートバッグ表面(色目を自動補正)

Scan0008_640

カーテン(補正なし)、ちょっと眠い色調

Scan0009_640

タオル(色目を自動補正)

Scan0014_640

プランターに生えていたハーブ(色目を自動補正) 

出力結果はSDメモリーカードに書き込まれる。表示デバイスを持っていないし、USBケーブルでPCと直接接続できないから、すぐに画像を確認できないのは不便だ。このデメリットも、スキャン時に被写体を確認できることであまり気にならない。数回スキャンすれば、スキャン結果も大方予想できるようになる。ちょっと、彩度が甘めのスキャン結果になるのが不満だが、まぁ、我慢できる範囲。

SCAMOは自分的にかなり理想のスキャナーだ。二万円分使い倒してみよう。

|

« 宝達山マラソンに出たい | トップページ | バスキンロビンス »

SCAMO・スキャモ」カテゴリの記事

コメント

スキャモは文字合成もできるので写てがみにも使えますよ!

投稿: heretoday | 2007年9月 2日 (日) 11時16分

コメントありがとうございます。
文字合成機能もなかなか便利ですね。SCAMO一台で手軽にできるっていうのが、便利です。

投稿: シュナッペル | 2007年9月 6日 (木) 20時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209119/16142854

この記事へのトラックバック一覧です: スキャナーを買った:

» トートバック [トートバック]
トートバックをおしゃれ便利に使いこなす方法について考えてみました[トートバッグ] [続きを読む]

受信: 2007年8月18日 (土) 14時16分

» 画面上へ [報道]
ゲーム付きスキン ブログ の情報 [続きを読む]

受信: 2007年8月18日 (土) 22時53分

« 宝達山マラソンに出たい | トップページ | バスキンロビンス »