« 旅に出ます | トップページ | 大学生は暇である »

2007年8月28日 (火)

悔しいけれどのぞみ号に乗る

東京方面に行ってきた。

Scan0025_640

記念にゲットした指定席特急券(スキャモでスキャン)

新幹線のぞみ号が登場した当時、ひかり号との差額が悔しくて、のぞみ号には乗らなかった。しかし、300円の差額ならひかり号に追い越される屈辱を味あわなくてもいいかなと、思うようになってきた。これも年のせいか、イラチな自分の気性のせいか。のぞみ号なら約20分早く着くから、時給換算で900円。妥当な差額であろうか。

しか~し、せっかく早く着くのなら、東京・新大阪間なら名古屋をすっ飛ばして、品川、京都だけの停車でいいような気もするんだよな。そうしたら、あと一分は早く着けるのでは。

のぞみ号デビュー当時、名古屋とばしが問題になった。その当時はどうでもいいと思っていたが、のぞみ号に乗れるようになった今、名古屋の人がと~ってもワガママに思えてきた。

|

« 旅に出ます | トップページ | 大学生は暇である »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209119/16263807

この記事へのトラックバック一覧です: 悔しいけれどのぞみ号に乗る:

« 旅に出ます | トップページ | 大学生は暇である »