« 大学祭の季節 | トップページ | ハロウィーン・パーティ »

2007年10月26日 (金)

生物学実習・光学顕微鏡の使い方

座学ばかりではつまらない。理系なんだから、手を動かして実験してこそ、大学生としての実感が湧く。

後期から生物学実験が始まった。教養教育課程での実験だから学部のレベルには及ばない、この実習は基本的な内容とのことだが、大学に入って待ちに待った実験である。

本日のテーマは「光学顕微鏡」。顕微鏡というと、中学校の実験でプランクトンとか葉っぱの細胞を見たとき以来だから、すごく新鮮。そういう意味では、高校時代の理科ではほとんど実験していなかったから、実験自体が新鮮である。

使用した顕微鏡はオリンパスのCX31という顕微鏡。えぇ? 両目で見るの?天体望遠鏡じゃなく、双眼鏡のような観察でびっくり。照明も、電気だよ。太陽光を凹面鏡で集めてプレパラートを照らす照明じゃない。

しかも、学生一人につき一台。

さすが、浪速大学!

Photo_4

さて、観察した試料はあらかじめ染色してスライドガラスにセットされた生体試料。厚さ5μmのスライスで、断面の方向および位置の異なるもの5個。これを顕微鏡で観察して模写する。その結果から、スライスされる前の立体構造を推測するのだ。

640480

自分のスケッチ、それにしても下手くそ

うーん、生物の観察という物は、はじめ概形の観察から入り、臓器、細胞、とだんだん細かく観察するのでは?いきなり小さいところから大きいところを推測するなんて、まるで犯罪捜査である。

_640

大まかな形として上の図のような形だったが、ここから立体図を想像できますか?左下の楕円形の長軸が約3mm程度である。

|

« 大学祭の季節 | トップページ | ハロウィーン・パーティ »

大学生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209119/16746109

この記事へのトラックバック一覧です: 生物学実習・光学顕微鏡の使い方:

» 顕微鏡適当サイト集 [顕微鏡調査隊]
顕微鏡のリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。 [続きを読む]

受信: 2007年11月 2日 (金) 19時25分

« 大学祭の季節 | トップページ | ハロウィーン・パーティ »