« カンイチとカンサイウォーカー | トップページ | 大学祭の季節 »

2007年10月25日 (木)

スモールグループ・ディスカッション

薬学概論でスモール・グループ・ディスカッション(SGD)。薬剤師や薬学研究者はコミュニケーションが大事。ということで、SGDはグループによる意志決定の練習である。

課題は、7-8人のグループで「12種類の物品に順位をつける」という内容。

グループのメンバーが乗った小型飛行機が、ある夏の日の昼頃、アメリカの砂漠に墜落。飛行機は大破し乗員は死亡。脱出間際に飛行機から12の品物を持ち出すことができた。その12の品物について、全員が生き残るためという観点から、重要度によって番号付けするという課題である。

オリジナルはNASAの教育課題だそうである。「飛行機 墜落 水 塩 鏡  グループ」で検索すると課題の内容が検索できる。

Photo_3

12品目とは

  • 懐中電灯(電池入り)
  • 化粧用の鏡
  • 一人につき1リットルの水
  • 2リットルの瓶入りウォッカ
  • コンパス
  • 地図
  • 「食用に適した動物」という図鑑
  • 一人一着のコート
  • パラシュート(赤と白のストライプ)
  • 大きい雨具
  • 弾薬の装填された45口径のピストル
  • ガラス瓶に入った食塩の錠剤

検索してわかるけれど、12の品目は同じなのだが、紹介しているサイト・ブログによって背景設定が微妙に異なるのがおもしろい。今日の授業もおそらくアレンジしてあって、アメリカで墜落したのに、なぜか、12品目以外に「あなた方は総額800円と1万円を持って」いたり(笑い)。

本日はグループ毎に順位を決定して終了。答え合わせは来週。

Photo_2

グループによる意志決定ということで、指針としては

良い

悪い

論理的根拠に元づく

全員一致で決定

少数意見の尊重

個人的判断を強調

安易な妥協による意志変更

多数決、取引

だそうである。要するに禍根を残すことなく全員で和気あいあいと決めなさいと。

ディスカッション開始早々、「シュナッペルサン、まとめてくださいよ」言われてしまった。やっぱりそう来るか。毎度毎度お鉢が回ってくる。そういう悪習は絶たねばと思いつつも、新たに別の人を選出するのも面倒だから引き受ける。

こういう話し合いでは、活発に意見が出ずにお通夜状態になると、議長の意見だけが通りがちだ。幸い自分のグループはみんな活発に発言してくれたので、シュナッペルが意見を言う場面はほとんど無し。交通整理に徹することができた。「個人的判断を強調」せずに「全員一致で決定」することができたと思う。

今回は、みんな活発だったから良かったものの、だま~ってる人や声のでかい(押しの強い)人がいると困るよなぁ。そういう場面への対処法を学べと言うのがSGDの趣旨だろうから、それはそれで練習になるから良いが。

|

« カンイチとカンサイウォーカー | トップページ | 大学祭の季節 »

大学生活」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209119/16745727

この記事へのトラックバック一覧です: スモールグループ・ディスカッション:

« カンイチとカンサイウォーカー | トップページ | 大学祭の季節 »