« 高いから買ってほしいのに | トップページ | 月見マーボー »

2007年11月21日 (水)

SDSの法則

携帯ゲーム機といえばソニーのPSPか任天堂のニンテンドーDSの二大巨頭しかないようである。あとはせいぜい携帯電話でおこなうゲームか。

最近電車通学して思ったことは、ゲーム機はニンテンドーDSで決まり。というのも、前者が若そうな男性しかプレーしていないにもかかわらず、後者はおばちゃんですら電車の中でピコピコやっているのだ。彼女たちが電車内でゲームをやるようになったら、世間に認められたと思って良いだろう。

であるから、ある日の電車車内、自分から半径2m以内でPSPを三台発見したときには目を疑った。その中の一人はUMDで映画を見ているし。こりゃ明日は雪かなと思った今年の夏である。

Ds 

さて、今日のタイトル「SDSの法則」は私が2006年の年末から2007年の初頭にかけて思いついた法則である。SDSを略さずに書けば
「新幹線・DSの法則」
であり、その意味は
「新幹線の車内には、一両に必ず一人以上、ニンテンドーDSをプレーしている乗客がいる」
という法則である。ここでのDSはDS LITEもありである。諸兄もこの次新幹線に乗車される機会があればSDSの法則をご確認いただきたい。通常はほかの車両に移動することも少ないと思われるが、2,3両歩いてみればその法則の正しさがわかるだろう。

本当にニンテンドーDSの浸透度はすごい。何しろ、うちの家族であるシュナッペリンですら「ニンテンドウDSってなに?」と、聞いてきたくらいだ。どうやら、TOEICの勉強ソフトがあることを聞きつけてきたようである。生まれてこの方、ゲームなどしたことのない彼女の口から「ニンテンドウ」である。

漢字勉強ソフトやら、大学受験英単語学習ソフトまで有りますからねDSには。そういった学習ソフトをネタにして両親にねだるのだろうか、お子様たちは。

大学内のDS浸透度ももちろん高く、先日は大阪大学歯学部の学生さんが授業中にDSをやっていた。雰囲気からしてやっていたのは学習ソフトではなく、通信機能を使った対戦ゲームのようだったが。

いやはやニンテンドーDS恐るべし。

|

« 高いから買ってほしいのに | トップページ | 月見マーボー »

大学生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209119/16968689

この記事へのトラックバック一覧です: SDSの法則:

« 高いから買ってほしいのに | トップページ | 月見マーボー »