« あけましておめでとうございます | トップページ | 赤福 »

2008年1月 2日 (水)

ふぐ鍋

鍋の季節である。自分の家では鍋というと鶏団子鍋が多い。鶏ミンチにすり下ろしショウガを混ぜて、団子にしたものがタンパク質の具である。後はシンプルに菊菜。ゴタゴタと食材を投入しすぎない方がスープの味がすっきりして締めの炭水化物もおいしく食べられる。

自分はうどん派なのだが、ルームシェアしている同居人は雑炊派。毎回喧嘩になるが、最近はうどんと雑炊を交互に食べることにしている。

さて、世の中にはふぐ鍋というものもあるらしいが、どうも、ふぐ鍋にはなじまない。専門店でおいしいふぐ鍋を食べたことのない貧乏人の劣等感からだろうか、ふぐがタラに思えてしまう。それとも、味覚音痴なのか。

Dscn4406_640_

写真はテトロドキシン。ふぐの毒である。自分でフグをさばくことなど無いだろうから、まぁ、フグ毒に当たることなど無いだろう。構造は環状構造が四つあってなんか立体的に複雑。酸素原子が多いのも気になるところです。

|

« あけましておめでとうございます | トップページ | 赤福 »

モルタロウ・MOL-TAROU」カテゴリの記事

薬学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209119/17511635

この記事へのトラックバック一覧です: ふぐ鍋:

« あけましておめでとうございます | トップページ | 赤福 »