« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月29日 (金)

四国お遍路クエスト:Day 12 禁断症状

四国お遍路クエスト:Day 12 禁断症状
お遍路十二日め。禁酒は二週間。去年、手術入院以来の禁酒期間だ。
これは耐えられるのだが、禁コーヒーには耐えられない。
昼食に入ったうどん屋で、かけうどん360円のはずが、コーヒーが食後に付くということで、サービスランチ980円にしてしまった。
あれ?うどんとコーヒーのそれぞれ単品の方が、安かったじゃないか。
南無大師遍照金剛

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四国お遍路クエスト:コストパフォーマンスはいいけれど

四国お遍路クエスト:コストパフォーマンスはいいけれど
二百円で二キロのポンカンです。
ペットボトル飲料よりコストパフォーマンスはいいけれど、一袋買うと重い。
南無大師遍照金剛

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四国お遍路クエスト:No26金剛頂寺

四国お遍路クエスト:No26金剛頂寺
二十六番金剛頂寺クリア。
南無大師遍照金剛

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四国お遍路クエスト:ご飯が美味い

四国お遍路クエスト:ご飯が美味い
四国お遍路クエスト:ご飯が美味い
お遍路中は、基本一泊二食付きです。今のところ安いところで5600円、高いところで6825円。共通するのはどこもご飯が美味しいことです。
写真はある日の夕食とある日のデザートです。
南無大師遍照金剛

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月28日 (木)

四国お遍路クエスト:No24最御崎寺

四国お遍路クエスト:No24最御崎寺
二十四番最御崎寺クリア。
南無大師遍照金剛

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四国お遍路クエスト:休憩所

四国お遍路クエスト:休憩所
55号線沿いの休憩所にメッセージボードが有ったので、コメントを残してきた。
南無大師遍照金剛

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四国お遍路クエスト:道が長い

四国お遍路クエスト:道が長い
昨日は高知県に入ってすぐの東洋町のサァーファーの街、生見に宿泊。
いま国道55沿いに、No24のある室戸岬を目指して、ひたすら歩いている。
行けども行けども、写真のような海岸線しか見えません。
南無大師遍照金剛

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月27日 (水)

四国お遍路クエスト:宍喰温泉

四国お遍路クエスト:宍喰温泉
今日の道すがら、道の駅宍喰温泉。あいにく立ち寄り湯は改装中。そこで隣のホテル(写真)の大浴場に入る。
無色澄明でヌルヌルの湯。思わずマッタリとしてしまった。まだ、目的地まで遠いんだけど。
次に歩き出すのが大変だったよ。
南無大師遍照金剛

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四国お遍路クエスト:土佐の国「修行の道場」

四国お遍路クエスト:土佐の国「修行の道場」
ひゃっほ〜い!
高知県に入りました。
南無大師遍照金剛

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月26日 (火)

四国お遍路クエスト:雨なのでウミガメ

四国お遍路クエスト:雨なのでウミガメ
四国お遍路クエスト:雨なのでウミガメ
考えてみれば、毎週日曜日の午後に昼寝している自分が、休むことなく毎日遍路で二、三十キロ歩くなんて無理な話。
今日は完全休養日にして日和佐町のウミガメ博物館カレッタに行って来ました。
博物館前の海岸はアカウミガメの産卵場所で、天然記念物にも指定されている貴重なものです。
いやぁ、亀を見ていたらなごむなあ。
南無大師遍照金剛

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四国お遍路クエスト:テレビ

普段はまったくテレビを見ない自分ですが、お遍路中は毎日観ています。
ロス疑惑事件とは、懐かしい話がでてきたものです。自分のクラスメートは知らんでしょう。
なんか「ダブル・ジョパティー」という映画を思い出しました。名前からの連想で内容はまったく違いますが。
南無大師遍照金剛

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年2月25日 (月)

四国お遍路クエスト:奉納柄杓

四国お遍路クエスト:奉納柄杓
お寺さんに付いたら、水屋で手を洗います。柄杓を使いますが、たいていは奉納された柄杓です。
奉納者の名前が書いてあります。行く先々で同じ方の名前をお見かけします。同郷なのですぐに目に入ります。
気が付くと毎回それを手にしています。
南無大師遍照金剛

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四国お遍路クエスト:徳島県終了

四国お遍路クエスト:徳島県終了
二十三番薬王寺終了です。これで、徳島県内の札所は制覇しました。
これから室戸岬までの死のロードが始まります。
南無大師遍照金剛

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月24日 (日)

四国お遍路クエスト:無駄にロープウェイ

四国お遍路クエスト:無駄にロープウェイ
今日は、二十二番平等寺で終了です。
二十一番の大龍寺では無駄にロープウェイに乗りました。
携帯からなので、理由は省略しますが、2400円の無駄です(笑い)。
南無大師遍照金剛

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四国お遍路クエスト:二十一番太龍寺

四国お遍路クエスト:二十一番太龍寺
太龍寺は標高550メートルくらい。メチャクチャ寒いです。水が凍っています。今朝の気温はマイナス二度だったそうです。
いまは太龍寺からロープウェイで下って昼ご飯です。
写真は温かいぶっかけうどん。
南無大師遍照金剛

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四国お遍路クエスト:徳島大学薬学部

四国お遍路クエスト:徳島大学薬学部
二十番鶴林寺終了です。
一昨日、徳島市内を歩いていて、徳島大学薬学部の前を通りました。今通っている大学に前期日程で落ちたら後期日程を受験するつもりでした。こんなチャンスに前を通るとは。
南無大師遍照金剛

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月23日 (土)

四国お遍路クエスト:脚力

お遍路3日め十二番の焼山寺から降りるまでは元気だったのですが、昨日今日は足が痛くて死にそうです。
自分の足を過信していました。自分より年配の方にサクサク抜かれています。
う〜む。
なんか、もっとスローダウンしないと旅を楽しめないとわかりました。
お遍路はレースじゃないですから。
南無大師遍照金剛

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四国お遍路クエスト:歩き遍路も安心

歩き遍路も安心
歩き遍路も安心
今回のお遍路のためにガイド本も買いましたが、写真のような道案内が道中にゴロゴロあります。お寺さんからお寺さんまで、その道しるべを見ていれば、地図を見なくても移動可能です。
ただし、ひっそりと張ってあったり、シールの赤色が退色していることもあり、見落とす危険性が大きいです。
一度見落とすと、遍路道への復帰は悲劇的です。
南無大師遍照金剛

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月22日 (金)

四国お遍路クエスト:無人販売【2】

四国お遍路クエスト:無人販売【2】
四国お遍路クエスト:無人販売【2】
読者の方から「寺はつまらない。食べ物紹介して」と言われたので、また無人販売の写真を載せます。十二番さんから下山途中に有りました。
三種類の柑橘系が有りましたが、ポンカンを買いました。うまい!文旦も食べたかったのですが、荷物になるので泣く泣く諦めました。

南無大師遍照金剛

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四国お遍路クエスト:旅の仲間

昨日、焼山寺から下山途中、お若い方と三時間ほど一緒に歩きました。お遍路というと、老人というイメージですが、若者もいます。数は少ないですが。
大学一年生だそうで、「自分と同じですね」というと、ビックリしていました。
なんで?
まぁ、メアド交換したわけでもないので、仲間と言うのも言い過ぎですが。
南無大師遍照金剛

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月21日 (木)

四国お遍路クエスト:無人販売

四国お遍路クエスト:無人販売
焼山寺にお詣りした後、平地に降りて宿泊です。
寺の写真も有りますが、読者の方から「寺はつまらない。食べ物紹介して」と言われたので、梅干しの写真を載せます。
道中の無人販売店で売られていました。おいしいそうでしたが、荷物になるので泣く泣く諦めました。

南無大師遍照金剛

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四国お遍路クエスト:お遍路の目的

四国を歩く。お遍路。どう考えても年寄りのイメージである。大学に入ったばかりの若者のイメージではない。しかしそこをあえてお遍路である。

一つには、昨年自分が病気で入院し、この先どうなるかわからんという不安。なんというか、人生に対する迷いみたいのようなものもあるので、自分を見つめ直すために旅に出てきた。

二つ目は、自分の両親がこの先長くないので、彼らの棺桶に入れるための杖と白衣をゲットするため。

そして三つ目は、学生時代、時間があるときに長い旅に出てみたいからである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四国お遍路クエスト:焼山寺です

四国お遍路クエスト:焼山寺です
焼山寺です。写真は高度の実測です。右下が現在、右上が最高です。グラフは、今日の高度の時間経過です。
藤井寺から4時間15分で着きました。

南無大師遍照金剛

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四国お遍路クエスト:焼山寺アタック

四国お遍路クエスト:焼山寺アタック
今日はお遍路コース一番の難所と言われている焼山寺です。高度650メートルぐらいです。そこまでは山道です。登山道です。
現在の標高は写真のとおり。右下の数学です。また、目的地で計ってみます。

南無大師遍照金剛

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月20日 (水)

四国お遍路クエスト:柑橘系

柑橘系
徳島県を歩いていて気が付くこと。みかんが多い!やっぱり瀬戸内海ですね。様々な種類のみかんの木があります。しかも、今は直径7、8センチメートルの実がゴロゴロなっています。
角を曲がる度にダイダイ色の実が目に入り、気持ちも足取りも軽くなります。
芥川龍之介の「トロッコ」の主人公の気持ちですね。

南無大師遍照金剛

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四国お遍路クエスト:お遍路マイルール

さて、今回のお遍路。自分なりのマイルールがある。

  • 88カ所歩きで回る。
  • 読経は最低でも般若心経を唱える。
  • 御朱印は必ずもらう。
  • なるべくお金はかけない。

と言ったところです。お金をかけないって言うのは、別に貧乏だからではなく、「形から入る」様なことはしないぞという戒めです。今回も出発に当たり、靴だけは歩く用の良いヤツを買いましたが、それ以外は家にあるものを持ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四国お遍路クエスト:十一番さん

四国お遍路クエスト:十一番さん
今日は写真の十一番さんで終了です。
これからお昼ご飯を食べに行きます。良いところが見つかるといいのですが。

南無大師遍照金剛

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四国お遍路クエスト:十番さん

十番さん
十番さん終了です。
今日は風がかなりあり、快晴ですが肌寒いです。
現在12.1℃です。
南無大師遍照金剛

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四国お遍路クエスト:温泉に入れず残念

昨日は七番さんの後、六番さんまで戻り、宿坊に泊まりました。
温泉山安楽寺の名のごとく温泉が涌いている宿坊です。
しか〜し。昨日は自分一人の宿泊だったため、大浴場は無し。普通のお風呂を頂きました。バスクリンの湯でバッチリ疲れも取れました。
南無大師遍照金剛

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月19日 (火)

四国お遍路クエスト:七番さん

七番さん
今日は写真の七番さんで終了です。
風が少しありましたが、快晴で日差しがあったため、快適な1日でした。
南無大師遍照金剛

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四国お遍路クエスト:五番さん

五番さん
五番さん。終了です。
今の気温は15.1℃です。
南無大師遍照金剛

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四国お遍路クエスト:今日は二番さんから

今日は二番さんから
昨日は霊山寺にお詣りしたので、今日は写真の極楽寺からです。
南無大師遍照金剛

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月18日 (月)

四国お遍路クエスト:四国の鳴門にいます

四国の鳴門にいます
気が付いたら、四国の土を踏んでいました。
今から、八十八のお寺を巡るお遍路の旅です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GARMINハンディGPS用の地図データを作成した

この日の記事の写真は、Garmin社のハンディGPS、GPSmap 60CSxである。アメリカから通信販売で購入した。送料込みで$350程度だったかな。最近円高が進行しているので、かなりお得に購入できた。

使用してみた感想は、以前から使っている同じGARMIN社のLegend C日本語版と比べてみると、

  • 衛星からのシグナルを受信する感度が高い。電車、バスの中にいても自分の位地がわかる。
  • 電源を入れてから衛星を補足して自分の位置を表示するまでの時間が速い。
  • やっぱり、地図上で日本語が表示されないと不便。
  • メニューに日本語が表示されないと、操作にとまどうこともある。

といったところ。

今回英語版を購入した理由は、同じ性能の製品が日本語を表示できるようにローカライズしただけで12万円に値段が上がるから。日本語に+8万円の価値を見いだせなかったので、英語版を購入した。

たしかに、日本語が表示されないと不便ではある。しかし、自分の位置を知るだけ、自分の通った道を記録するだけなら英語版でも十分。日本語のLegend Cに添付されていた、パソコン用の地図表示ソフトMapSourceでは日本語表示可能。英語版GPSmap 60CSxで記録した移動軌跡も、パソコン上でなら日本語地図上で表示できる。そんな使い方で、今のところ不満はない。

さて、土日に何をしていたかというと、GPSmap 60CSx用の地図データを作成していた。日本の国土地理院が公開している地図データからGarmin社製のハンディGPS用の地図データを作成するのだ。

もちろん、純正の地図データもGarmin社から発売されているが、高い!

フリーソフトのMapView25000というものを使うと、国土地理院から自動でデータをダウンロードして地図を作成してくれるのだ。

じつは、数年前に日本語版Legend Cを購入したときにも、同じ方法で地図データを作成していたのだが、今回は日本語を使わない、すべて英語の地図が必要だったので、新たに作り直したのだ。

ところが、数年前の作業だから、ころっと手順を忘れている。Googleで”MapView25000”と検索してみたら、以前自分が作成したGARMINを題材にしたサイトがヒットしてビックリ。いまは放置プレーにしているサイトなのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大学授業アンケート

教養教育の授業アンケート締め切りが明日だったので、コメントしたい授業に、コメントしてみた。

その前に、2007年度前期のアンケート結果をつらつらと眺めてみると…

やっぱり、パワーポイントを使った講義は評判が悪い。
 パワーポイントが嫌いな学生は自分だけじゃなかった。そもそも、パワーポイントは講演等で使うメディアだよねぇ。物理や数学の授業で使うのはホント、やめてほしいです。

ビデオなどのマルチメディアを使った講義に対するコメントが多い。
 おおむね好評な意見ばかり。ビデオといっても、TV放送の録画だったり、授業用のビデオ映像だったりするわけで、プロが作っているのですから高評価なのも頷ける。

八つ当たり的なコメントも見られる。
 やっぱ、大学1,2回生は子供。大人の事情も理解できる思考力を備えなければ。

テストしっぱなし、レポート受け取りっぱなしの講義には不満
 学生はその結果を求めている。どこを間違ったかがわからなければ次につながらない。可不可優良だけを求めているわけではない。
 テスト結果に限らず、授業に双方向のコミュニケーションが存在すると、好意的なコメントが多い。

生物学実験、ネズミの解剖には好意的な感想。
 「生物の解剖は動物愛護に反する」と、偏狭に主張する人たちのために、街の科学館から解剖学習が消えて久しいですが、実際にやった人の意見にネガティブなものはなかった。

さて、今回は2007年度後期の授業にタイするコメント。自分が「受けて良かった」と思った授業には、積極的に肯定的な意見を残しておいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月16日 (土)

携帯からブログを更新してみる

携帯からブログを更新してみる
携帯からブログを更新してみる。
最近購入した大人のオモチャです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

橋下府知事

大阪府知事が最近代わったのだが、なにやら、「図書館以外の施設は全部売り払う」と、言っているらしい。

そうか、府大も無くなるのか。

最近は少子化で学生数が減少したし、国民が大学に期待する度合いも低下した。数年前に全国的に国公立大学が法人化された頃から、大学という組織の存在価値そのものが怪しくなり始めている。

バブルの頃は「銀行がつぶれるわけナイジャン」と言っていたが、その吸収合併はドンドン進んだ。無くなた銀行もある。

いまや、「大学がつぶれるわけナイジャン」と言っても、「ほんと、潰れるかもしれませんねぇ」と言われる時代だ。橋下知事が「図書館以外は全部売り払う」と言っているのだから、本当にそうするのだろう。

いまのところ、自分の生活に橋下知事が就任したことによる直接の影響はない。知人は「彼が知事になって『水野真紀の魔法のレストラン』に出演しなくなったのは良かった」と、言っている。

自分はTVを見ないからよく知らないのだが、彼はTV出演での評判はどうだったのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月15日 (金)

後期終了

今日は、これから分子化学Aの期末試験を受けに豊中キャンパスまで行ってくる。通学定期が二月頭で切れているから、テストを30分を受けるだけのために交通費往復1,000円以上払わなければならないのが痛い。

本当は梅田で阪急に乗り換えるのが、金額的にお得なのだろうけれど、梅田から座れないのがいやだ。阪急石橋から坂を登るのもいやだ。千里中央経由、モノレールにしよう。

このテスト、先週の授業で6問の予想問題がプリントで配られている。それを暗記すればテストはOKだ。どうせ6問を解くのなら、レポートにしてくれよ。暗記はめんどくさいよ。

大学生になったのだから、暗記からは解放して、思考力を問う形のテストにしてほしいものである。そういうテストでないと、楽しめない。

1

教養教育の成績発表は3月3日、学部の成績発表は3月10日。楽しみである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木)

バレンタイン

同居人のシュナッペリンから、バレンタインデーのチョコレートをもらった。ウルトラ嬉しい!

Dscn4621_640_

空堀にある、蔵というショッピングセンターの中の、Ek Chuah(エクチュア、http://www.ek-chuah.co.jp/)というお店のチョコレート。なんと、このチョコ一粒で大学生協のホッカル弁当が換えるぐらいの値段らしい。ありがとう、シュナッペリン。

Life is like a chocolate box.

映画『フォレストガンプ-一期一会-』の中でガンプ・ママが言った台詞。彼女は、“開けてみなければ、わからないわよ”と、続ける。

全くその通りである。今の自分、17歳、18歳の時に想像していた未来とは全く違う人生になってしまった。

ガンプ・ママ、あなたの言うとおりだったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月12日 (火)

有機化学、追試は回避

先週の有機化学Iの期末試験の発表があった。吹田まで見に行くのが大変なので、最近、吹田近辺に下宿したクラスメイトに見てもらった。ちなみに、彼は自分の有機化学の師匠である。

結果はタイトルの通り。なんとか、追試験は回避した。まぁ、何とか単位はゲットできたが(まさか、追試を受ける権利もないほどひどい結果と言うことはあるまい)、優良は無理、絶対に評定は可かな。

一応、追試に向けて、去年の中間試験、今回の期末試験を再度解いてみたのだが、やればやるほど面白い有機化学。いままで、本当の理解にはほど遠かったと、改めて気がついた。

そんなわけで、週末は勉強三昧でブログの更新が無かったのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年2月 8日 (金)

羊水は腐らないだろう

コウダクミ(ATOK一発変換せず)の「35歳になるとお母さんの羊水が腐ってくる」発言が大変なことになっているようだ。

しかし、よく考えてみてほしい。羊水は腐らんだろう。実際本人も謝罪の会見で腐らないと言っている。

引用ここから==================
インターネットを使って「羊水」を調べたら、まったくもってそういう事実はのってなくて、間違いを自分の口から伝えたことを反省しています。
引用ここまで==================
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080207-00000927-san-ent

「貧乏」とか「アホ」、「チビ」などと揶揄されたら、そりゃ、反論して怒らなければならない。実際そういう状況に陥る可能性があって、しかも本人の努力では回復不可能な場合もあるから。しかし、はなから理論的、物理的、科学的にあり得ないことを言われたのなら、それは話として聞き流さないと。

本当に悪意を持って馬鹿にしているのか、愛でて言っているのか、ネタとして言っているのか、そのあたりをきちんと判断しないと。

いちいち怒っていて疲れませんか?

けっきょく、アホな発言をする人はアホなのである。そんなことにいちいち腹を立てても仕方がない。まして、他人のために腹を立てて「謝れ」などと言ったところでどうなるものでもないのに。

実際、その発言の前後を直接聞いたわけではないので、これ以上のコメントはできないが。

しかしまぁ、このような発言で謝罪して、CM自粛、Webサイト閉鎖とか言っていたら、80年代のお笑いの人はみんな消えてしまうぞ。

むかしは、誰かが馬鹿な発言をしていても、「あいつアホや」と、無視するのが普通だった。直接言われた本人ですら。コウダクミの事件を見ていると、その、35歳の羊水を持っている女性ではなく、それ以外の第三者が「謝れ」と、声高に叫んでいる。

どうして、人は未だ侵害されていない自分の権利どころか、他人の過ちにまで口を出すようになったのか。

自分の気に入らないことには過剰に反応する。なんか、許容度がないというか、大人げないというか。それにいちいち反応するコウダクミと事務所、マスコミ、CMスポンサーもどうなのだろう。一般人におびえる業界が大本営におびえる新聞社に重なって、世の中が右とか左の一方しか認めない、個を捨てて全体主義に走っているようで、非常に恐怖を感じる。

のだが、いかがだろう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年2月 7日 (木)

有機化学の期末試験終了

木曜日はロトシックスの抽選である。きょうは4億の当選者が一名。うらやましい。

「一億当たったら、仕事やめてやる!」と、常々言っているが、ルームシェアメイトのシュナッペリンからは

「アホ!」

と言われている。happy02

さて、今日は生物科学Aと有機化学Iの期末試験だった。問題の有機だが、過去問をやっていれば90%は解けた問題である。なにしろ、過去問からの出題が90%なのだから。しかし、自分は瞬発力とスピードが無いせいか、時間が足りなかったよcrying

「時間足りない人?」

「時間延長すれば、解けるっていう人?」

という質問に元気よく手を挙げたのは自分である。

今年の期末試験には最後の問題に、化合物の構造式を書く問題が出題された。大学からの帰りの阪急バスの中、クラスメイト(美人)は「あんな問題出るとは思わなかった」と言っていた。ところが出るんです。最近は出題されていなかったが、5,6年前までは期末試験で出題されていた問題形式である。

その子は過去4,5年分の過去問しか入手していなかった模様。しかし、有るところには有るもので、98年の過去問からコピーが存在するのだ。模範解答もある。それさえやっておけば、試験対策はバッチシである。

気をつけなければならないのは、過去問の模範解答が間違っているときがたまにあることだ。きょうも、自分で答え合わせをしながら過去問を見直してみて、間違いに気がついたよ。

トホホ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 6日 (水)

風邪を引きました

昨日から、「肩こりか?体痛いぞ!」と、思っていたのですが、自分的に節々が痛む時は風邪のサインです。

案の定、今日は風邪です。あさ、早速薬を飲みました。なんと、二年も前に近所のクリニックでもらった薬。ヤバイですよね。古い薬を自己判断で飲む。薬剤師の卵としては、反面教師的な飲み方です。

しかも、今日は午後からCT撮影の予約が入っていて、造影剤を体内に注射する予定。それとの関連で副作用は出ないのでしょうか?

そんな問題に答えられるほど、薬の知識もないし…。いまは、有機化学Iと生物科学Aのテスト勉強でイッパイイッパイの薬剤師の卵です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

学生をやっていると消しゴムを消費する

受験勉強を始めてから、消しゴムを大量に消費するようになった。シャープペンシルを使うようになったので。それ以前は筆記のほとんどをボールペンで済ませていた。授業のノートをとったり自分のアイディアをまとめるのに鉛筆やシャープペンシルを使わないから。

今でも、大学の講義のノートはボールペンで書いている。しかし、演習問題だとか、有機化学Iや生物科学概論Aの過去問を解くのには、やっぱり消せる筆記用具でないと。

今日、スーパーの見切り品ワゴンを眺めていたら消しゴムが安くなっていたので買ってきた。安いといっても、1個980円の消しゴムだが。しかし、単位質量あたりの値段で考えるとかなり安い!単位体積で比較してもかなり安い。しかも、SEED社のレーダーである。この会社は大阪の都島区にある歴史のある会社なのだ。

Dscn4607_640_

ナイフで小さく切って使えばいいのだ。

ちなみに、下に敷いてあるカッティングマットの方眼は1cmである。小さい消しゴムは、大学生協で購入した、「非塩化ビニール消しゴム」。消し味はすこぶる悪い。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年2月 5日 (火)

イオンラウンジに行ってみた

自分の家からはちょっと遠いのだが、イオンショッピングセンターの中にあるイオンラウンジに行ってみた。先月のクレジットカードの請求書に同封されていた案内に、ラウンジ開設のアナウンスがあったので。

どうやらこのラウンジ、金色のクレジットカードを持っている人しか入れないらしい。金色のカードと紫のカードの差別化をはかるためのラウンジのようだ。

一応、入り口で係の人がカードをスキャンしている。

中は、4人がけのテーブルが六つほどに2人掛けが二つほど。そんなに広い部屋ではない。インターネットコーナーもある。飲み物はセルフサービス。温かいコーヒーにトップバリューのジュースが置いてあった。座ると、これまたトップバリューの乾き物を係の人が持ってきてくれる。

Dscn4604_640_

ラウンジは結構空いていた。客層はおばちゃんと子連れのヤングママさん。平日の昼だからであろうが、これが土日だったら劇混みが予想される。

ただでジュースが飲めるとか、ただでお菓子が食べられるというぐらいじゃ、差別化はできないと思うぞ。今時、ゴールドのカードなんて誰でも持ってるもんなぁ。学生の自分でも持っているぐらいだし。

関空の国際線ロビーにあるラウンジもそうだが、どうも、ゴールドカードのラウンジは貧乏感が漂っていていけない。本当にリッチな人なら、場所すら一般に知られていない特別なラウンジに行くよな。ゴールドカードのラウンジにいる人は本当のお金持ちじゃないと思う。

そんなわけで、自分は、このショッピングセンターのイオンラウンジに行くことはないだろう。自分は本当のリッチマンじゃないが、貧乏感がいやだから。子供がうるさいし。

それに、なんというか、ラウンジの場所が子供服売り場の奥というのはどうよ。オッサンが昼間からそんな売り場の周辺を一人で歩いていたら通報されるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年2月 4日 (月)

亀の子はテンプレートで

有機化学Iのテスト対策でテンパッテいるシュナッペルである。とりあえず、今日の記事はこちらをBGMにしてお読みください。

有機化学のテスト対策、エンドレスでベンゼン環を書き続けると疲れてくる。THFなんていう五イン環も面倒だ。と言うことで、テンプレートを買ってきた。

最初東急ハンズに行ったのだが、求めるものはなかった。サイズの異なる六角形がくりぬいてあるプラスチックの板。ただそれだけを求めているのに。

昔は何かほしいものがあれば、ハンズに行くと必ず手に入ったものだが、最近はダメダメだ。売り場面積もドンドン縮小されている様だし。ちょっとした面白いものを見つけるには良いけれど、道を究めようとしたら、専門店に行った方が早い。というか、専門店に行くしかない。

今日購入した写真に写っているテンプレートは、心斎橋の画材専門店、KAWACHIで購入してきた。税込み998円の、学割で1割引、897円である。

いやぁ、便利便利。ロビンソン環化もサクサク書ける。書けるだけで、反応機構を理解していないのが悲しいけれど。

Dscn4603_640_

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年2月 2日 (土)

有機化学が肝

薬剤師になるには、生物はもちろんのこと化学、物理なんていうのも勉強しなければならない。しかし、やっぱり比重が高いのは生物と有機化学だ。残念ながら、物理を知っていてもあんまり役には立ちそうもない。ましてや、生物ブ…。

昨日もクラスメイトに有機化学について質問されたのだが、ご期待には添えなかった。残念。生物なら何でも聞いて、と答えたけれど、聞いてもらえなかったよ。トホホ。

これからは、有機化学の勉強に力を入れ、クラスのヒーローを目指そうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年2月 1日 (金)

6年制カリキュラム

Photo_3 

薬剤師の養成課程は2006年度から6年制カリキュラムになった。自分がいるのはその6年制の薬学科。薬剤師養成課程であるから、6年終了時には薬剤師国家試験の受験資格がゲットできる。

薬学関係の研究者を養成するのが薬科学科。こっちは4年制。聞くところによると、薬剤師国家試験に合格しそうにないヒトを6年間大学に縛り付けておいても、保護者がうるさいので、そういうヒトには4年制にコース替え願うらしい。そうすれば、一応大卒になるから保護者も納得なのだとか。これが6年制と同時に4年制が併設された理由。

4年制の薬科学科を卒業すると薬科学士の学位がゲットできる。さらに大学院を2年、いわゆる修士課程を修了すると薬科学修士をゲットできる。さらにスーパーミラクル3年で博士論文を書き上げれば、薬科学博士の学位ゲットだ。

6年制の薬学科の方は、学部終了時には薬学士の学位をゲットできる。これは、医学部、歯学部の6年制終了と同じで、その後は博士課程に進める。薬学博士をとるには、4年おつとめしなければならない。ただし、コースをスイッチすれば3年で学位を取ることも可能だが、そのときには薬科学博士だ。

まぁ、ドクターなんて3年でとれないから、素直に4年のコースに進んで薬学博士をゲットする方が良いだろう。

うちとこの薬学博士の大学院に関してはまだ何にも決まってないそうだ(2007年1月31日の薬学概論の授業での話)。6年制の一期生が2回生だから、まだまだ先のことだしね。

コーススイッチは、学部のときでも可能(図中の水平大矢印)。6年制から4年制に移った人数を超えない範囲で4年制から6年制にコース変更可能。これは、薬学科の最大人数が、実習などの関係で学科定員の25人を超えられないかららしい。

ちなみに、去年は学部でコース変えしたヒトはゼロだったとか。

ナ~ルほど。自分がゲットできるのは薬学博士かぁ。

「博士課程に行こうかな」

とぽろりと漏らしたら、ルームシェアメイトのシュナッペリンは

「やめとけ、ドクターとってもお金にならない」

と言ってきた。たしかに“博士”というタイトルは一定期間お勤めして、大学の事務にお金を払えばゲットできる。言ってみればパスポートのようなもの。それを持っていたからと言って、一文にもならないことは、歴史が証明している。がんばって薬剤師の免許を取った後は、きちんと就職した方が良いのかなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »