« 桜ピークでの花見 | トップページ | うっしょっしょ、今期の講義初日 »

2008年4月 7日 (月)

大学の業績集2004-2006

大学の業績集が公開されている。
http://www.osaka-u.ac.jp/jp/annai/information/joho/gyousekisyu2004_2006.pdf

気になるところをつらつらと。

14ページ(pdfファイル9ページ)に入学者数とその中の女子学生数が記述してあるけれど、大学全体における女子の割合は25%。理工系の大学だから男子が圧倒的に多いのもうなずける(下の表)。工学部と基礎工学部を比べると基礎工学部の方が少ないのにはビックリ。逆かと思っていた。医学部では女子の比率が高いけれど、保健学科が有るからだろう。

Photo

15ページ(pdfファイル9ページ)の入学者高校所在地は近畿地方が半数を超えている。はやり、浪速大学は全国区の大学というよりも地方大学といった方よいだろう。“Think globally, live locally”である。

Photo_2

32ページ(pdfファイル18ページ)には大学のランキング表がある。やっぱり気になるのは科研費(上の表)だが、浪速大学はおおむね三位。一位はやっぱり東大である。金額はコンスタントに浪速大学の二倍。採択件数あたりにすると東大が7、浪速大学が5。東大は基盤(S)、基盤(A)あたりが多いということだろうか。(C)や(B)よりもビッグなものをゲットしていると。

中で研究している人にとっては自分が研究費をゲットできるかできないかが重要であり、研究室の大学院生にとってはボスがゲットできるかできないかの問題である。こういった統計情報は外の人が大学を判断する指標。しかも、文科省の上の方の人たちなんだろう。間違っても、来年大学に入ってくる高校三年生が参考にする数字ではないし、浪速大学の大学院に進学しようとしている学部生が参照する値でもない。

しかし、大学に流入してくる外部資金の総額は大学の豊かさの指標であり、学部の新入生にも無関係ではない。

大抵の外部資金は大学本部にピンハネされる。5%から15%ぐらい?吸い上げられたお金は学部や大学院、大学全体の予算として使われる。建物を建てたり、インフラを整備したり、水道代とか電気代とか。回り回って、図書館の本が増えたりとか。

だから、外部予算をたくさん獲得している大学は、研究・学習環境が恵まれている。

自分が浪速大学に入学してビックリしたのは、まさに、インフラが整備されていることであった。大学構内には警備員や自転車の整備員、ごみ袋とトングを持ち歩き掃除しているおじさん。一年在学しているが、大学構内の草むしりに学生が動員されることもない。業者さんが入っているから。大学には普通に学生が使えるWindowsとLinuxがごろごろしていて不自由しない。学生のノートパソコン購入必須と言うこともない。

教養教育棟のすべての講義室の天井にはプロジェクターが完備され、部屋によってはビデオデッキか実体投影機が置かれている。図書館はばかでかく、開架の図書がめちゃくちゃ多い。しかも、教科書など同じ本が複数大量に購入されている。大学に博物館があるのも、入ってくるお金が多いからだ。

今大学進学を迷っている高校生諸君。浪速大学は学習環境は整っている。勉強するなら最高の環境だよ。ぜひ、浪速大学を目指して欲しい。

|

« 桜ピークでの花見 | トップページ | うっしょっしょ、今期の講義初日 »

浪速大学紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209119/40762105

この記事へのトラックバック一覧です: 大学の業績集2004-2006:

» 来年には「windows7」が発売・・・ [Let's Go!!]
ビルゲイツが発表したとさ・・・ vista出したばかりではないか!! 詳細はこちらhttp://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080407_windows_7/ 前機種のXPからvistaが出るまでは、かなり掛かっていたのに今回の早さはなんだ! 売れないからか諦めが早いぞ! 商売だから余り強く言う気も無いですが、vistaオーナーとしてはvistaが短命で終... [続きを読む]

受信: 2008年4月 7日 (月) 14時02分

« 桜ピークでの花見 | トップページ | うっしょっしょ、今期の講義初日 »