« 大学の業績集2004-2006 | トップページ | 映画『ジャンパー』 »

2008年4月 7日 (月)

うっしょっしょ、今期の講義初日

IIIセメスター(2回生前期)の履修科目も確定して、今日は第一日目の講義。二限からである。

月曜日の二限は、映画と英語という自分に興味のある講義を選択したら、文系一回生向けの専門科目になった。ぴちぴちの新入生、女子率が高しである。50%ぐらいであろうか。

講義の内容は、映画化された英語の文学作品を読んで、英文学に親しもうという講義。シラバスでは『恋に落ちたシェイクスピア』が題材に挙げられていたが、15回の講義で3、4作品を取り上げる模様。初回は1時間弱のトークの後、そのDVDを50分ほど観賞。一度見た映画だが、何回見ても良いよこの作品は。

: 恋におちたシェイクスピア (ユニバーサル・ザ・ベスト2008年第1弾)

恋におちたシェイクスピア (ユニバーサル・ザ・ベスト2008年第1弾)

改めてみて気がついたのだが、レイフ・ファインズ演じるシェイクスピアが“週に一度の懺悔”と言い訳して夢占いの館に駆け込んでいる。これは、現代で言うところの精神分析医だ。砂時計で時間を計って、長いすに横たわりシェイクスピアが一人告白している。アメリカ人を風刺したシーンだろうけれど、イギリスでも精神分析医は繁盛しているのだろうか。

講義ではそのほかに『嵐が丘』や『オリバーツイスト』、『償い』などが取り上げられる予定。楽しみである。

|

« 大学の業績集2004-2006 | トップページ | 映画『ジャンパー』 »

大学生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209119/40806588

この記事へのトラックバック一覧です: うっしょっしょ、今期の講義初日:

« 大学の業績集2004-2006 | トップページ | 映画『ジャンパー』 »