« ドルフィンズ 新店? | トップページ | 金沢旅行、三日目 »

2008年4月 4日 (金)

金沢旅行、二日目

一日目の話はこちら

金沢の観光スポットはほとんど行き尽くしている。前日の雷鳥号の中で「何をいまさら金沢に行くのか」という疑問が頭によぎったが、金沢感傷決別の旅だから、仕方がない。今回の金沢訪問はデスティニーである。

二日目は同行者が行ったことのない所と言うことで、大野方面をチョイスした。金沢市内から北鉄バスで約40分。日本海に面した大野は昔から醤油を生産してきたところだ。かつて北前船が生興を極めていた頃、日本各地から醤油の原料が大野に運ばれてきたわけである。

大小数多くの醤油生産工場があるが、ヤマト味噌醤油のショールームで醤油ソフトクリームを食べる。ベースはキャラメル味らしいのだが、おそらく醤油関係の物質が入っている。酵母臭がプンプンする。培地の臭いとでも言おうか。おいしい。

お次は大野からくり記念館。江戸末期に活躍した技師、大野弁吉の記念館である。この人の仕事ではカラクリ人形制作が有名で、記念館もそれをフィーチャーしている。それだけでは記念館も間が持たないのか、展示スペースの半分には市販のパズルや組木細工などが展示され、入場者が自由にさわれるようになっている。同行者にはこれが大受け。ああでもないこうでもないと、仕掛け引き出しを開けてみたり、パズルを解いてみたり、紙の五線譜に穴を開けてオルゴールでカーペンターズの曲を演奏してみたりと楽しんでくれた様子。

博物館っていうのは、主題がいくら高尚で素晴らしいモノでも入場者が満足するとは限らない。シンプルでありきたりのモノであっても実際にさわったり参加できる展示の方が得てして受けがよい。見せたいモノと受けるモノの相違。学芸員の人にとってはジレンマだろう。

昼ご飯は大野港にある船員厚生食堂。本来は名前の通り漁師さんのための食堂なのだろうが、今では立派な観光スポットになっている。テレビのグルメ番組や旅番組で見たことがある人もいるのでは。海鮮丼、お刺身定食、新鮮魚フライ定食、本日の定食などがおすすめだが、船員さんなど毎日利用する人向けに普通のカツカレーをはじめとする丼物もある。

Dscn5232_640_deep

自分はフライ定食(上写真)をチョイスした。揚げたてサクサクの魚は美味。同行者の本日の定食は鯖の味噌煮定食だったがこれも美味。

この日のメインイベントはレモン湯。天然温泉を利用した銭湯。かなり大きいがスーパー銭湯ではない。あくまで銭湯である。1階が男女別の大浴場、2階が家族風呂になっている。もちろん入浴したのは家族風呂。二人利用の場合、1時間で1,500円。もちろんこちらも天然温泉。金沢市中心部の湯は焙じ茶色なのだが、レモン湯も同じく薄茶色の湯。ぬるっと感があってつるつるの湯だ。

大浴場の入浴料金は大人370円なのだが、燃料費の高騰により4月から400円に値上げするという告知があった。自分が銭湯にハマッタ時には350円だった。370円に値上げされたときもなんとも思わず気軽に利用にしていたが、400円というとそうもいかない金額である。

|

« ドルフィンズ 新店? | トップページ | 金沢旅行、三日目 »

旅行・地域」カテゴリの記事

金沢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209119/40745871

この記事へのトラックバック一覧です: 金沢旅行、二日目:

» インプラント治療を受けるには [インプラント治療を受けるには]
インプラントはチタンを歯根の代わりに顎の骨の中に埋め込む方法になります。顎の骨と強固に結合させることによって歯根の働きを回復するものであり、インプラントとは「埋め込む」という意味です。 [続きを読む]

受信: 2008年4月 4日 (金) 10時35分

» ハワイの格安コンドミニアム [コンドー]
ハワイの格安コンドミニアム情報 [続きを読む]

受信: 2008年4月 5日 (土) 01時52分

« ドルフィンズ 新店? | トップページ | 金沢旅行、三日目 »