« 聖火リレーに反対している人の一部はシーシェパードと同じ | トップページ | 大学院入試の面接のネタ »

2008年4月27日 (日)

ゴールデンウィーク? そんなの関係ねぇ

明日も講義があります。しかも4限だけ。

空気を読んで、というよりも、ご自身が休みたいからなのか、連休の谷間29日、30日を休講になさる先生もいらっしゃいます。しかし、休講になるなら全日休講にならないと休めない。中途半端に、一コマ欠けるぐらいなら通常通り講義をしてもらって、その代わり、一日でも早く夏休みが来た方が良いのです。

明日の4限はドイツ語。出席を取らないから、休んで良いっちゃ、良いのですが…。

ところで、連休中は実験のレポート書きや、有機化学の問題演習、語学の予習に追われそうです。遊びに行く余裕などなさそう。

先日、クラスメイトと話したのです、「バイトする時間的余裕なんかないよね」と。全くもってその通りです。

京大の単位は空から降ってくる。神大の単位は道に落ちている。阪大の単位は地面を掘っても見つからない。

という格言を、身をもって実感している一年と一ヶ月なのです。手を抜こうと思えば抜けるのですが、せっかく授業料を払っているのだから、勉強しないと損。そして何より、学ぼうとする内容によっては、程度まとまった時間に腰を落ち着けて取り組まないと身につかないものですから、大学6年間に集中しないとねぇ。

おうちの事情があるからなんとも言えないのだけれど、自分的には、学生時代にバイトするのは本当にもったいないと思う。その時間があったら、一冊でも多く本を読んだらいいし、一本でも多く映画を見たらいいし、女の子と楽しく過ごした方が絶対に後々の人生が楽しくなる。同じ一万円でも二十歳前途の一万円と、それから20年後の一万円はそう大差ないけれど(最近デフレ傾向だし)、一時間、一日を同じように比べると絶対に差があるのだ。二十歳の時の時間の方が中身が濃いんだよね。

借金してもいいから(サラ金はだめです)、バイトはしない。

「昨日バイトで遅くなりました」って言いながら一限の授業に出てこなかったり、その結果単位落としたりしている人を見ると、説教したくなるんだけれど、こればっかりはお家の事情が有るでしょうから何も言えません。

|

« 聖火リレーに反対している人の一部はシーシェパードと同じ | トップページ | 大学院入試の面接のネタ »

大学生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209119/41014205

この記事へのトラックバック一覧です: ゴールデンウィーク? そんなの関係ねぇ:

« 聖火リレーに反対している人の一部はシーシェパードと同じ | トップページ | 大学院入試の面接のネタ »