« 大学教育実践センターのクロスワードパズル | トップページ | 水曜日はLL教室で »

2008年5月13日 (火)

FoF1のシンクロニシティ

本日1限は生物化学概論B。生体膜の話なのだが、FoF1-ATP合成酵素が登場。2限は生物化学Iの授業なのだが、解糖系から電子伝達系の話で、個々でもFoF1-ATP合成酵素が登場。

これって、シンクロニシティ?

F1g_4

ところで、2限の生化学の授業ではヴォオートの生化学の教科書から作成したレジュメが配られるのだが、F1の説明で

β:ATP合成部位を持つ
δ:FoプロトンチャンネルとF1をつなぐ

と書いてあった。あれ、そうだっけか?F1とFoをつなぐのはγだと思っていたが、なにぶん、遠い記憶なもんだから覚えてないや。エッセンシャルの生化学をみても、γについては記述ないから、γはそんなに重要じゃないのかもしれない。

授業の後でクラスメイトから「シュナッペル、生物わかる?」と、質問されたが、自信がないのでカレーにスルーしてしまったよ。

|

« 大学教育実践センターのクロスワードパズル | トップページ | 水曜日はLL教室で »

大学での研究・学習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209119/41199516

この記事へのトラックバック一覧です: FoF1のシンクロニシティ:

« 大学教育実践センターのクロスワードパズル | トップページ | 水曜日はLL教室で »