« 薬剤師国家試験が変わる | トップページ | 探せば結構さ酒屋さんが見つかる »

2008年7月14日 (月)

ドイツ語の試験終わった

今週は語学の試験が四つあるわけですが、そのうち一つ、ドイツ語中級の試験が終わった。英語の試験二つはまぁ、何とかなるから、山は残りのドイツ語の試験一つ。

昨日の晩は必死に勉強したけれど、思ったほど難しい問題じゃなくてほっとした。そりゃそうだ。今日の試験は辞書持ち込み可の試験だもの。

テスト前は、訳文をひたすら音読。内容丸暗記。それなら、ドイツ語の文章見せられて、少しぐらい思い出せなくても辞書を引いたら楽勝だよ。この試験の中間試験の後、「紙の辞書の余白に、訳文を書いておいたらいいんじゃないか。例文として」とか何とか考えたけれど、そんな面倒くさい事をするまでもない。そもそも、自分は電子辞書派だし。

この講義は出席をとらない。今日のテストは普段の倍の人数がいて驚いた。しかも、教室に入ったら、試験前にカンニングペーパーの花が咲き乱れていたよ。びくり。なんか、ドイツ語の紙の辞書にカンペをのり付けしている人もいるし。電子辞書保有者もそのためだけに紙の辞書を買ったのか?

試験前に先生が、「辞書は一つまで」とおっしゃっていたけれど、電子辞書と紙の辞書、みんなどっちの辞書を選択したのだろう。

いろいろ話を聞いてみると、その学部の人たちは教養の単位が一つでも欠けると即留年なんだそうだ。それなら、カンペを準備したくなる理由もわからんでも無い。うちの学部は進級に関しては結構緩いから、血眼になってまで単位ゲットに走る必要はないし、そのためかカンニングペーパーを準備する人なんか見ないぞ。

教養の講義なんか、楽しんで受ける物なのに、ガスガス単位を回収に行かなければならないようでは、勉強していておもしろくもないだろう。

般教、まして第二外国語の試験なんぞ、カンニングペーパーを用意しなくても合格できるような、ゆるゆるでよいのにね。

|

« 薬剤師国家試験が変わる | トップページ | 探せば結構さ酒屋さんが見つかる »

大学での研究・学習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209119/41835559

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語の試験終わった:

« 薬剤師国家試験が変わる | トップページ | 探せば結構さ酒屋さんが見つかる »