« 単位の話 | トップページ | シロクマ »

2008年9月11日 (木)

前期の講義、総て終了

昨日の府大の集中講義で2008年度前期の総ての講義が終了した。ほっと一息である。今日からが本当の夏休みさ。あと20日ほどしか残されていないが。

Dscn6001_

三日間府大に通って撮影した写真を数枚。まずは正門。最寄り駅は南海高野線白鷺駅。一番近いのは白鷺駅なのだが、大阪市内方面からの府大生は地下鉄御堂筋線なかもず駅から歩いて通う学生さんも多数。浪速大学は数年前に大阪外国語大学を吸収したが、大阪府立大学も大阪女子大学と合併した。浪花大学のキャンパスには外大の名前を見ることは全くない。完膚無きまでに消去されてしまった。一方、大阪女子大の名前は府立大学の正門にしっかりと残されていた。未だその名前が残されている掲示板も学内に存在していた。合併の形式が府大と浪速大学では異なるのだろか。

Dscn6005_ 

正門を入ってすぐのところのにあるオブジェ。

Dscn5990_ 

和みの空間かと思われる府大池。そのありがちなネーミングからするとキャンパス造成時に作られた調製池だろうか。鴨、白鷺、亀などの生息を確認できた。池から流れ出る細い水路にはザリガニの死骸が散乱していたので、それらも生息していると思われる。

Dscn6006_

スクリュー。工学部に船舶系の学科がある。この隣には大きな錨も展示されていた。

Dscn5998_gpa

府大はCAP制を導入している。基本的に、セメスターに取得できる単位は25単位まで。それ以上は受講しても単位が認められない。GPAが一定値を越えている人は上限を31単位まで増やせるらしい。

movie

この夏観賞61本目の映画はシドニー・ルメット監督「POWER-キングの報酬-」(POWER, 1985)。リチャード・ギアが選挙アドバイザーを演じる話である。公開当時85年に観賞していたら目新しくもあったが、今まさにアメリカ大統領選をライブで観賞している我々にとっては見飽きた題材である。それでも、リチャード・ギアやジーン・ハックマンた紛れて若きデンゼル・ワシントンを発見できたことは驚き。「トレイニングデイ」でアカデミー賞をとった彼であるが、自分はどうも好きになれない。いまだになぜオスカーを取ることができたのか不思議である。なんかこう、一目見て嫌なヤツという雰囲気を醸し出しているのだ。「POWER」でもしかり。若々しいデンゼルワシントンはこのときから好かないキャラである。

そういうヒールを演じることができる点を評価されたのかもしれないな。

Dscn6012_power

|

« 単位の話 | トップページ | シロクマ »

大学生活」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209119/42447579

この記事へのトラックバック一覧です: 前期の講義、総て終了:

« 単位の話 | トップページ | シロクマ »