« 図書館にも無い参考書 | トップページ | 分子生物学会はNPO法人 »

2008年10月19日 (日)

本日開業京阪中之島新線

陸の孤島だった中之島に京阪の新線、中之島線が開業した。日曜日でヒマだったので乗ってきた。この中之島新線に関しては、鉄分の多い方がブログ等で紹介してくださるでしょうから、ここではさらりと。

まず、今日の乗車予定は下図。茶色のラインが新線の中之島線である。大阪市営地下鉄堺筋線の北浜駅下車、中之島新線のなにわ橋駅から京阪新線に乗る。中之島駅で下車した後、東へ徒歩で戻り渡辺駅から大江橋駅まで乗車。これで新駅すべて制覇だ。御堂筋線の淀屋橋駅から帰る。

Nakanoshima_line_2

下写真が北浜駅の案内。中之島線に乗り換えるには一度地上に出なければならない。雨の日は大変だ。

Dsc_2976_

Dsc_2983_

手前がなにわ橋駅の入り口。遠くに見えるのが中之島公会堂。かつてはなにわ大学の卒業式が執り行われていた場所である。式後は公会堂の外でサントリーのビールが振る舞われたという。来年からは大阪府立体育館で卒業式が行われる。

Dsc_2985_

地下鉄のホームまでが遠い。中之島線は先輩地下鉄の御堂筋線、谷町線、堺筋線の下を通るので地下30-40mを走るという。そのため、線路ホームは地下4階だ。

Dsc_2989_ 

Dsc_2990_ 

中之島地区の料金はおおむね150円だが、中之島駅または渡辺橋駅と他の駅の間の運賃には60円が加算される。これは新線建設にかかった費用に充てるためだそうだ。電話料金のユニバーサルサービス料のようなものか、違うか。

記念切符を所望したが、既に売り切れ。記念になるものはないかと尋ねてみれば1日乗車券はどうかと勧められた。乗り放題で乗車の日にちも印字される。なにより、回収されないから記念に持ち帰ることができる。このチケットを提示すれば割引が得られる施設も複数あるという。

1

場所は飛んで中之島駅ホーム。鉄分の高い方々が撮影されていた。

Dsc_3017_

Dsc_3011_

写真は中之島駅のホームで撮影した、中之島新線のどん詰まり。なにやらオブジェのようなものが設置されているが、トンネルを掘ったときのドリルの先端にも似ている。停車位置を誤りオーバーランしたらこれに衝突するのか、痛そうである。

今日の目的地はほたるまちなので出口は(6)。位置的には中之島駅から西へ地下道を戻るかたちになる。ちなみに、なにわ大学の中之島センターも(6)出口だ。この出口、エスカレーターもエレベーターもないのでハンディのある方はご注意。

Dsc_3029_

Dsc_3033_

ほたるまちは上の写真中央のビルの下の方にある。目的地はドルフィンズ中之島店、フェイドルフィンズ

Dsc_3048_ 

まずは、樽生のレッドボック。初めて飲んだが、これはジュースだ。アルコール度数は3.1%。透明感のある朱色に近い赤はチェーの様相。お店のブログを読むと他にもストロベリーやプラムなどのエキスが加えられているらしい。

ごくごく一瞬で飲める。ビールは苦くて嫌という女性でも全然大丈夫だ。

二杯目はいつも迷う。いろいろと瓶のベルギービールを挑戦してみなければ知識も増えないとわかっているのだが、ヒューガルデンだとかヴェデットの樽生を飲んでしまう。

生が好きだから。

Dsc_3050_

締めは、ポテトとベーコンのジェノベーゼソース。そうか、ジャガイモはこういう料理の仕方もあるのね。ただし、ゆですぎると崩れてるし、堅すぎると食感が損なわれるし、パスタソースに入れるには難しそうだ。実家から送られてくるバジルにはいつも閉口していて、大抵腐らせていた。バジルソースにしたら大量に消費できるな。今度挑戦してみよう。

Dsc_3052__3

食後は堂島川右岸を西へ。逆光でわかりにくいが対岸中央に見えるのがなにわ大学中之島センターである。でかい。無駄にでかい気がする。なにわ大学、お金持っているなぁ。

Dsc_3056_

渡辺橋駅入り口は四つ橋筋の朝日新聞社北側。入り口の建物もそうだが、駅構内を含め中之島線は木材がふんだんに使われている。

Dsc_3065__2

Dsc_3069_ 

渡辺橋駅は地下で四つ橋線の肥後橋駅とつながっている。大江橋駅、なにわ橋駅が他の駅と地下でつながっていないのとは対照的だ。駅構内の案内図には「フェスティバルホール」の文字も見える。後ではがせるようにシールになっているのは、理由があるからだ。わかる人にはわかるよね。

渡辺駅から一駅東に移動すれば大江橋駅。御堂筋線に乗り換えようと地上に出てみれば、日銀大阪支店の北側に出た。

Dsc_3101_

御堂筋線淀屋橋駅は遠いではないか。渡辺橋駅は下の写真右側、淀屋橋駅は左奥、土佐堀側を渡った所にある。徒歩で移動するには遠い。

Dsc_3103_ 

というわけで、中之島線で天満橋まで戻り京阪本線で淀屋橋まで戻ることにした。下の写真は天満橋駅4番ホームから撮影、このホームは京阪本線の西行き。一番奥に見えるのが1番ホームの中之島線東行き。中之島線と京阪本線の乗り換えは便利である。

Dsc_3112_

本日のまとめ

  • 京阪沿線の人には中之島線開業により中之島方面へのアクセスは便利になった。
  • 中之島線は御堂筋線、堺筋線との乗り換えに不便。
  • レッドボックは甘口の軽いビール。
  • サブウェイはやはり地下にある。

Dsc_3107_

地下鉄大江橋駅改札脇で。

|

« 図書館にも無い参考書 | トップページ | 分子生物学会はNPO法人 »

ビールとおいしい食事」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

実は少しだけ鉄を含有しているのですが、アルコールのほうが高い含有率なのでビールに流れてました。
兵庫オクフェス、ビアベリーの周年記念、そしてフェイフドルフィンズ、実は今日関西にいたのです。
あと数時間早くドルフィンズに行けば会えたんですね、残念。
そして、ポテトとベーコンのジェノベーゼソースが食べられた・・・。
ボクが注文した時には無くなってましたよ、トホホ・・・。

投稿: 小ヤギ | 2008年10月20日 (月) 01時13分

ビアベリーの周年ですか。場所も近いし、知っていたら行っていましたね。

それにしても、ニアミスとは残念。

11月のドルフィンズラリーbeerは参加するのですよね。君なら一日で制覇できるsign03

投稿: シュナッペル | 2008年10月20日 (月) 06時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209119/42843274

この記事へのトラックバック一覧です: 本日開業京阪中之島新線:

« 図書館にも無い参考書 | トップページ | 分子生物学会はNPO法人 »