« 吹田に通う | トップページ | USJの年間パス »

2008年10月 1日 (水)

後期授業開始

今日から後期の授業が開始です。薬学部らしい講義が増えました。一限目から順に紹介します。

臨床医学 2単位 薬学科必修・薬科学科選択

 旧カリだとおそらく、臨床医学概論と呼ばれていた科目です。薬学は人の健康を目指して発展してきたわけですが、そのためには人の疾患を知らなければなりません。さまざまな疾患とその原因、診断、治療法などについて理解する講義です。紹介される疾患の数が半端じゃ無さそうです。暗記科目はちょっとつらいです。

プリントとパワーポイント、ヴィデオによる講義になるようです。期末試験は一回、時期的に早めなので、他の講義と重なることは無さそうです。

臨床薬効評価学 2単位 必修

 旧カリだとおそらく薬効評価学と言われていた科目です。薬の効き方を決める要素には薬物動態学的要素、いわゆるpharmacokineticsと薬力学的要素、いわゆるpharmacodynamicsに大別されます。後者はいわゆる薬理の講義で扱う内容で、この講義では前者を中心にした講義になると思われます。薬が体内に吸収され、分布して、代謝され、排出される一連の過程を学ぶことになるのだと思われます。

分析化学II 1単位 薬学科必修・薬科学科選択

 旧カリだとおそらく分子化学IVに対応する科目だと思われます。後期の前半、おそらく7-8回の講義で終了です。だから一単位です。分析化学Iは中和滴定だとか、酸塩基滴定、物質の定量といった化学的な分析を中心に学びました。分析化学IIは物理的な性質を使った分離分析が中心です。

 今日はいきなりクロマトグラフィーの話でした。逆相クロマトの意味を理解しました。今頃になってその本質を理解するなんて…。

 前期の分析化学Iはだめだめな成績だったので、IIは一発逆転、優を狙いたいです。

|

« 吹田に通う | トップページ | USJの年間パス »

大学での研究・学習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209119/42655025

この記事へのトラックバック一覧です: 後期授業開始:

« 吹田に通う | トップページ | USJの年間パス »