« 問題は、応募資格である | トップページ | 虚言 »

2008年10月30日 (木)

谷町線に乗って

講義は午前中で終了。午後から、谷町線に乗ってオフィス街まで出向いてきた。資格試験の願書を提出するため。申し込み締め切りが今日だった。受験を決めたのが一昨日。願書をゲットして必要書類をそろえたのが昨日。郵送していては、今日届くかどうか不安だったので、実施団体の大阪府支部に直接持参した。

地下鉄の定期があるので、そうせ交通費はロハだ。配達記録郵便の料金節約の意味もあっての持参。

受験する資格。数ヶ月前に受けるぞと宣言していた工業英検ではない。そちらはあっさり挫折。クラスメイトが秋に受験して合格した資格を自分も真似してみた。

資格名をここで明らかにしないのは、不合格だったときに恥ずかしい。合格通知が届いたら自慢しようと思う。

book

大学の図書館のWebサービスにログインしてみたら今日返却期限の図書が一冊。これ。

来月には分析化学のテストと実践化学のテストがダブルでやってくる。両方の科目の勉強に重宝するのだこの本は。できればテストの日まで手元に置いておきたいので、Webサービスの画面から返却期限を延長する。これで、11月13日まではキープできた。

貸し出し図書に予約が入っていたりすると、その本の貸し出し延長はできない。返却しなければならない。予約者がいなくて良かった。

OPACで見たら、同じ本はすべて借りられていた。おそらく同じクラスの人と思うが、テスト前だから、皆考えることは同じか。

|

« 問題は、応募資格である | トップページ | 虚言 »

大学での研究・学習」カテゴリの記事

資格試験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209119/42953092

この記事へのトラックバック一覧です: 谷町線に乗って:

« 問題は、応募資格である | トップページ | 虚言 »