« テストだ! | トップページ | 定期的に更新するのは難しいわけだが、 »

2008年11月27日 (木)

テスト楽勝-優しい先生である

今日の二限は無機化学の中間試験だった。配られた問題を見てびっくり。70%が去年の問題と同じ。一字一句同じ。試験開始直後に問題文の訂正があったが、去年のワープロ原稿を修正していないということか。試験を問題コピペしたのがバレバレ。

もちろん、過去問など手に入らなくても解ける問題ではあるが、手にはいるのと入らないのでは、精神的に雲泥の差、月とスッポンだ。

薬剤師としてやっていくには、他人から廻してもらう交渉力のような、コミュニケーション能力も必要だということ。それを解らせるための試験だったと。

 Dscn6283_byoki 

毎週水曜日、臨床医学の講義で病気について学んでいる。授業では『目で見る病気』というビデオを見る。復習のため大学の図書館で病気のDVDを借りてきた。DVDは版が上がって『目で見る病気 第二版』。病気自体に大きな違いはないが、使われている映像素材がだいぶ変わっている。

一つは、患者さんの人権により配慮されていること。第二点は、病気の臓器を人体から取り出すような、エグイ映像がほとんど無いこと。血が滴る様子もないので、DVDの第二版は観ていて精神的に楽である。

医学科の学生さんなら血を見てもなんとも思わないのだろうが、自分は血には弱い。

「臨床病態学」という教科書も購入したのだが、映像で観るとやはり頭に入りやすいものである。

|

« テストだ! | トップページ | 定期的に更新するのは難しいわけだが、 »

大学での研究・学習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209119/43247864

この記事へのトラックバック一覧です: テスト楽勝-優しい先生である:

« テストだ! | トップページ | 定期的に更新するのは難しいわけだが、 »