« 「感染地図」スティーヴン・ジョンション著、矢野真千子訳 | トップページ | トンネルを抜けると »

2008年12月 9日 (火)

I need 湯、I want 湯、I love 湯~

最近、肩がこって仕方がない。勉強のしすぎか?そんなことはない。単に運動不足と思われる。運動すればよいのだが、手っ取り早く、温泉に行って体をほぐしてきた。

Dscn6289_oyuba

浪速大学吹田キャンパスから至近、万博おゆば。施設に関してはホームページが詳しいと思うのでこちらをどうぞ。

場所は、以前にドライブインシアターがあったところ。そこが今はパークゴルフ場と温泉型スーパー銭湯になっている。キャンパスからは自転車で数分の距離。歩いていけないこともない。

入浴料金は大人700円。しかし、誕生日に行くと(誕生月でなくても良い)500円で入浴できた上に次回入浴が500円に割引される券がもらえる。誕生日当日なら入浴無料だ。

12月から来年の1月31日までは学生なら500円で入場できるサービスも実施中。

さてお湯のほう。内湯への扉を開けた瞬間に塩素臭を感じた。消毒はバッチリで、レジオネラ菌対策も行き届いているようだ。5日の基礎微生物学の講義では細菌性感染症としてレジオネラ菌のことも学んだが、この菌もコレラや赤痢に負けず劣らず結構恐ろしい。塩素臭には頼もしさを感じる。

温泉泉質はナトリウム塩化物塩泉。外湯の温泉は鉄分を含んだ赤土色。内湯の温泉は鉄分を濾過した無色澄明である。高温サウナ、塩サウナなども備え付けられスーパー銭湯としては満点か。

なにより、キャンパスに近いから思いついたときに入浴できるのがよい。

また行こう。

|

« 「感染地図」スティーヴン・ジョンション著、矢野真千子訳 | トップページ | トンネルを抜けると »

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209119/43334072

この記事へのトラックバック一覧です: I need 湯、I want 湯、I love 湯~:

« 「感染地図」スティーヴン・ジョンション著、矢野真千子訳 | トップページ | トンネルを抜けると »