« Wiiを買ってしまった | トップページ | 警察のご厄介になってきた »

2008年12月16日 (火)

男はなぜかグラフにしたがる

コンピュータを与えると、女性はインターネットでショッピングサイトや懸賞サイトを巡るが、男性はExcelでグラフを作成したがる。何でだろう。

島耕作が東南アジアのキャリア女性を口どくときに「週ごと、月ごと決算期ごとの売り上げを調べてグラフにしておけ」と言っていた(その時の役職、マンガの巻失念)。それと同じである。なぜか、男はグラフが好きなのだ。

というわけで、共通教育奨学金の授与者数をグラフにしてみた。共通教育奨学金についてはこちら。復習すると、

授与は自己推薦

  • IIIセメスターまでの共通教育の成績で授与される
  • 成績Sの数で判定
  • まず各学科からSの数の多い人一名を
  • ついで応募者全体で(つまり全学で)Sの数の多い順に選ぶ、全授与者が20-25名になるように
  • 基礎セミナーの成績は含まない

である。各学科における授与者の割合をIIIセメスターまで取得することが期待される共通教育の授業数に対してプロットしてみた。

授与者の数は共通教育棟の掲示板に記載されていた授与者の名簿から。各学科の人数は「大阪大学・大学案内2009」の在籍学生数(p167)から。学科の人数が不明のところは20年度の学部の在籍数を「大阪大学・大学案内2008」の入学者選抜実施状況の結果(p167)に記載されているH19年度の学科の合格者数の比率を勘案して計算。IIIセメスターまでに期待される共通教育の授業数は「平成19年度全学共通教育科目履修の手引き」から計算。卒業要件単位数に必要な共通教育の授業数から、IVセメスターに開講されている共通教育の授業数を「平成20年度授業時間表(白黒の大きな一枚物の紙)」から推測し引き算して求めた。

結果がこちら。一部学科名は略記。学部と“学科、科”は省略。

Kyotukyoiku

傾向として3セメスターまでに取らなければならない講義のコマ数が増えるほど、奨学金授与者の割合が増えている。S判定の成績の数で決まるのだから当然といえば当然だ。コマ数が増えればSの絶対数も増えるだろうから。医歯薬の授与者の割合が多いから優秀という事ではなく、単に、課されたコマ数が多いからである。

元々、医歯薬は卒業に必要な全学共通教育科目の単位数が他学科に比べて多い。さらに、医歯薬ではそれを3セメスターまでに終了してしまう。他の学部では4セメスターに語学の単位を残す事もあり(その結果IIIセメスターまでに必要な授業数は減る)、X軸に大きなばらつきが生じている。

生物学科で0%になっているのは、応募した人がいなかったからであろう。応募すれば誰かはもらえたはずなのにもったいない話である。

文学部と法学部の比率が思いのほか高いのは、必要科目数の25を計算し間違えたのか、それとも優秀な人が多いのか。なにぶん、自分の学部ではないので誤差があるのはご容赦願いたい。他の学部の方でも、この数はおかしいだろうという部分を指摘いただけると有り難いです。

浪速大学に入学しようとお考えの高校生諸君、参考にしていただければ幸いだ。

|

« Wiiを買ってしまった | トップページ | 警察のご厄介になってきた »

大学での研究・学習」カテゴリの記事

浪速大学紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209119/43405754

この記事へのトラックバック一覧です: 男はなぜかグラフにしたがる:

« Wiiを買ってしまった | トップページ | 警察のご厄介になってきた »