« クリスマスも近くて | トップページ | どうも勉強する気が起きない »

2008年12月 7日 (日)

クリスマスも授業である

ハッピーマンデー法が制定されてから、大学では月曜日の授業が遅れがちである。先週の金曜日までを数えると、月曜日の授業回数が6回。それに比べて水曜と木曜の授業は10回である。金曜日の授業も大学祭の準備のための休講やセンター試験準備のための休講で授業が遅れがち。

京大などは13回程度の講義でセメスターを終了するようだが、浪速大学ではきっちり15回の講義日程が組まれている。15回おこなわない先生もいらっしゃるが。

月曜日や金曜は二月下旬まで講義日程がずれ込む。それが嫌な人もいるし、気にしない人もいる。自分は気にしないほう。むしろ、期末テストの日程が分散されて嬉しい限りだ。

しかし、授業をなるべく早く切り上げて成績評価も終え、自身の研究に邁進したり海外の学会に参加したいのが先生のお考えなのだろうか。

Dscn6299_

先日、共通教育棟で発見した掲示。どうやら、基礎工の専門課程では24日、25日も講義をおこなうようだ。クリスマスイブなのに。

予定のある学生は大変ですな。

|

« クリスマスも近くて | トップページ | どうも勉強する気が起きない »

大学生活」カテゴリの記事

浪速大学紹介」カテゴリの記事

コメント

そこはウソでも休んでみたい気もします((笑

ちなみに教授もヒマなのでしょうか・・・?
12月は他人の都合が気になる月です。

投稿: 通行人A | 2008年12月 7日 (日) 22時17分

教授は基本的に公務員(団体職員?)ですから、26日まで仕事。年始は5日からでしょう。

研究熱心な教授は元日しか休まない人もいらっしゃるでしょうから、24、25日に講義をするなど何とも思わないでしょう。

自分?自分は24日、昼ご飯を食べにこいと誘われています。

投稿: シュナッペル | 2008年12月 7日 (日) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209119/43333969

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスも授業である:

« クリスマスも近くて | トップページ | どうも勉強する気が起きない »