« 出題ビンゴ! | トップページ | I need 湯、I want 湯、I love 湯~ »

2008年12月 9日 (火)

「感染地図」スティーヴン・ジョンション著、矢野真千子訳

金曜日二限に基礎微生物学を受講しているのだが、最近、感染症としてコレラや赤痢について学んだ。ブログタイトルのこの本はタイムリーにもコレラに関する内容である。19世紀中頃、ロンドンの一角でアウトブレイクしたコレラとそれを追った医師と副教師のストーリー。たった一週間の出来事なのだが、顕微鏡もなく細菌を目視できない時代にインデックスケースを探し出すまでのストーリーはまさに推理小説。

お手軽に読める割には、感染症の背景にも言及してありいろいろと得る物は多い。おすすめである。

吹田の生命科学分館、開架にあります。498.6/JOH。

|

« 出題ビンゴ! | トップページ | I need 湯、I want 湯、I love 湯~ »

大学での研究・学習」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209119/43357741

この記事へのトラックバック一覧です: 「感染地図」スティーヴン・ジョンション著、矢野真千子訳:

« 出題ビンゴ! | トップページ | I need 湯、I want 湯、I love 湯~ »