« 早朝覚醒 | トップページ | イオパミドール »

2009年1月14日 (水)

段取り悪し

今日の臨床薬効評価学は13回目の講義。ということは、次週14回目の講義があってその次15回目にテストである。

担当は今年度で退官されるA教授。既に最終講義の日にちも決まり、「阪大Now」にもアナウンスされている。こちらの最終講義は広く聴衆を集めての講演であり、授業としての最終講義は次週におこなわれる90分の臨床薬効評価学だろう。

阪大病院の中のローソン内に花屋さんがあるので、そこで花束を買ってこよう。講義の最後にA教授にお渡ししよう。自分では華がないので、だれか女子学生に贈呈役を頼もう。自分は、カメラを持ってきて撮影だ。

去年も薬学部には退官された教授がいらっしゃったのだが、花束を渡し損ねた。今年こそは、段取りよく進行しなければ。

などと授業上の空で考えていたら、いつの間にかwarfarinとCYP2C9の話題は終了し、先生はご自身の研究ポリシーを語り出した。十数年前に薬学部に赴任された当時、遺伝子判定を投薬量の判断の1つに加えることを提案したら、それは無理だと否定する人もいたのだとか。

なんだか、話の流れが最終講義の様相を帯びてきた。

そして、最後のお言葉、「私の講義はこれで終わりです。来週は、F先生に講義をしてもらって、その次にテストです」。

ガ~ン。今年も退官される先生に花束を渡し損ねた。

|

« 早朝覚醒 | トップページ | イオパミドール »

大学での研究・学習」カテゴリの記事

大学生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209119/43739477

この記事へのトラックバック一覧です: 段取り悪し:

« 早朝覚醒 | トップページ | イオパミドール »