« 第二十三番 応頂山勝尾寺 【西国三十三所 試練のクエスト】 | トップページ | 5セメスターが始まる »

2009年4月 7日 (火)

万博公園の人はどこから来るのか

昨日は久しぶりに大学へ。明日から大学の授業が始まる。電車で通学する日々が始まるので定期券を買わなければならない。そのための“通学定期乗車券発行控”をゲットしに教務係へ。

千里中央の定期券売り場ではスンナリと北大阪急行電鉄の定期を購入できたが、梅田の大阪市営地下鉄定期券売り場は長蛇の列。新年度だからね。PiTaPaの利用額割引・マイスタイル登録は各月15日までにおこなえばよいから、昨日はあきらめる。

Dscn65670001 

さて、話は前後するが、大学の教務へ行った後は万博公園へ桜の写真を撮りに行く。浪速大学吹田キャンパスに一番近い入り口は万博公園北口。薬学部からも歩いてすぐだ。太陽の塔を目指して歩いていくと、最初の桜ポイントは民族学博物館北西の林(上の写真)。桜の木の下にレジャーシートを広げマッタリしているヒトちらほら。民博南側のチューリップの花園は見事の一言。自分の家のプランターのチューリップとは規模も綺麗さも迫力も4桁か5桁ぐらい違う。

桜ポイントのメインは太陽の塔の北を東西に走る大通り。こちら付近にはジュースやビール、軽食の売店も多数並んでいてヒトがごった返している。昨日は月曜日、平日昼というのに、何故だ。そうか、学校の始業式がまだだから幼稚園児・小学生・中学生が多いのか。それに付き添う親、若い学生、専業主婦、退職者、無職のヒト。別に不思議ではない。

桜の撮影を終え機材を撤収していると、台車に弁当のガラを山積みにした集団が万博公園北口へ帰って行く。荷物の中にはキムサービスタオルが。浪速大学の集団だということがバレバレ。十中八九、実験系研究室の花見だ。なんと、見知ったヒトがいる、薬学部の人たちだ。向こうの方々はこっちに気がつかなかったと思うけれど。

万博公園を出た後は梅田のフランダース・テイルでクラスメイトとベルギービールを飲む。このお店、梅田の西の方、ハービスPLAZAに今年オープンした新しい店だ。一度一人飲みで行ったのだが、その時はヒューガルデン・ホワイトと軽いつまみを一皿。昨日は一人じゃなかったので、ワイワイとガッツリと飲んで食べてきた。ビールはベルギービールがメイン。日本のビールはサントリーのモルツ樽生しかない。その代わりカクテルやウイスキーが豊富。料理の方、十分満足できるレベル、おいしい。ただ、黒板メニューが無くて残念である。

Dsc_37640001 

写真はお店のインテリア。ベルギービールの瓶が多数ディスプレイされていた。

|

« 第二十三番 応頂山勝尾寺 【西国三十三所 試練のクエスト】 | トップページ | 5セメスターが始まる »

ビールとおいしい食事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209119/44594245

この記事へのトラックバック一覧です: 万博公園の人はどこから来るのか:

« 第二十三番 応頂山勝尾寺 【西国三十三所 試練のクエスト】 | トップページ | 5セメスターが始まる »