« 新型インフルエンザA/H1N1は本当に弱毒性なのか | トップページ | 新型インフルエンザに“絶対”感染しない方法 »

2009年5月21日 (木)

大阪では大学の大学院生も新型インフルエンザ

新型インフルエンザに関する浪速大学の状況はというと、24日(日)までの休講は既にこのブログでもお伝えしたとおり。25日以降に関しては24日までにホームページ等で連絡するとのこと。

つまり、来週の授業再開は未定ということだ。どうなる事やら。

そんなこんなで、大阪では、もっとピンポイントでいうと茨木市では大学院生が新型インフルエンザに感染したらしい。ソースはこちら

浪速大学吹田キャンパスは吹田市と茨木市にまたがっている。もちろん、茨木市近郊には他にも大学院のある大学はあるし、茨木市からよその地域の大学に通学しているということも考えられる。が、な~んとなく浪速大学大学院の学生さんのような気がする。

そんなことより何より、こんなにプライバシーを公開していいもんなのだろうか。茨木市在住、25歳、大学院生、夫と二人暮らし。対象はかなり絞られてくる。

万が一自分が新型インフルエンザに罹患したとして、同じカテゴリーの情報が公開されたら恥ずかしすぎる。感染時には“無職”と強硬に主張しよう。嘘じゃないし。

|

« 新型インフルエンザA/H1N1は本当に弱毒性なのか | トップページ | 新型インフルエンザに“絶対”感染しない方法 »

浪速大学紹介」カテゴリの記事

病気」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209119/45083537

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪では大学の大学院生も新型インフルエンザ:

« 新型インフルエンザA/H1N1は本当に弱毒性なのか | トップページ | 新型インフルエンザに“絶対”感染しない方法 »