« こんなアバウトで良いものか | トップページ | 講義を聴くのは楽である »

2009年5月14日 (木)

ウイルスをまき散らしてみた

今日は今セメスター初の試験。二限の生命情報薬学の前期試験である。成績評価でのウエイトは30%なので、気楽と言えば気楽だ。

それでも一応、昨日の晩はテスト勉強で寝るのが遅かった。にもかかわらず、今朝はこんな時間に目が覚めてしまったわけで、まるで、遠足当日の小学生である。別に、試験が楽しいわけではないのだが。

それはそうと、存在しないと思われていたテストの過去問。直前になって廻ってきた。どうも昨年は、問題用紙が回収されたか、解答用紙と問題が一枚の紙だったらしい。印刷物ではないが、先輩がテスト後に書いたメモだった。

この過去問、学生実験の予習やなんかで忙しくバケツリレーするのをころっと忘れていた。昨日の夜になって、思い当たる節にメールしてみたのだが、もう既に持っているというヒト多数。

文章というものはウイルスのようだと時々思うことがある。駄文はいつの間にかひっそり廃れていくが、価値ある文章は他人の力を借りて自己複製していく。いわゆるコピペと呼ばれる行為。

同じようにテスト問題も学生によって多数のコピーが作られていく。その伝搬速度はH1N1インフルエンザウイルスの比ではない。年に一度、教官によって突然変異が加えられるあたり、まさに、ウイルスではなかろうか。

というわけで、浪速大学薬学部二回生の皆さん。ウイルスご入り用の方は連絡いただけるとなんとかできるかもしれません。

Scan0049

|

« こんなアバウトで良いものか | トップページ | 講義を聴くのは楽である »

大学での試験」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209119/45007093

この記事へのトラックバック一覧です: ウイルスをまき散らしてみた:

« こんなアバウトで良いものか | トップページ | 講義を聴くのは楽である »