« 新型インフルの影響 | トップページ | 梅乃花 »

2009年6月 1日 (月)

マスク買い集め奨励を楽天が謝罪~~なんだかなぁ

楽天が店子に「マスクを売れば儲けがでかい」というメールを配信したという最近の話題。腹の立つ話ですよね。みんなが困っている状況を利用してお金儲けですよ。

楽天といえばネットでの医薬品販売規制について、反対運動の先頭に立っているわけですが、この点でも自分とのスタンスは違います。ネットで医薬品を販売したらダメでしょう。これについては、日を改めて書くとして、ことごとく楽天とはスタンスが違う自分です。

しかし、楽天が商売人であることを考えると今回のマスク販売推奨もネットでの医薬品販売規制反対も楽天としては同じ線上の行為。楽天のプライオリティは国民の健康にあるわけではなく、店子の売り上げ増にあるのですから。

ソースは失念しましたが、楽天社長が薬の売り上げは楽天全体のいくらかと質問されて0.5%と答えていました。テレビ番組のコメンテーターは「少ないね」と感想を述べていましたが、彼は楽天を還流するお金の総額を知っているのでしょうか。0.5という数字は小さいけれど、分母は莫大です。

楽天の本業はネット販売なのですから、正直に医薬品を販売できないと店子が困る、楽天も困ると主張してはどうでしょうか。ネット販売規制反対につて人道的にも思える主張をしても、それを額面通りに受け入れる人がどれだけいるでしょうか。

今回の新型インフルエンザ騒動、マスクを大量に仕入れてこのチャンスに売り上げアップしましょうというメールは店子に対する楽天の当然のアドバイスです。

商売とは人が欲しがるモノを探して来て売ること。大昔、大阪から北海道の間を回遊していた北前船は北海道の昆布を需要のある大阪へ持ってきて商いしていました。これ、商売の基本の基。

若い人は知らないかもしれませんが、日本が戦後の貧しい時期を乗り越えたのは朝鮮動乱でガッツリ儲けたからです。日本は平和憲法を標榜していますが、他人の戦争でもうけていた過去もあるのです。21世紀に南北朝鮮間で戦争が起こったとして(正確には現在は停戦状態で、今でも戦争状態ですが)、戦争で儲けるのはモラルに反するという風潮になるでしょうか。

混乱に乗じてお金儲けするかしないかは人それぞれです。冒頭書いたとおり自分はそれを是とはしませんが、かといって、自分が声高に批判できるわけでもない。商売している人にはマスクの売り上げが今日の糧に直結しているわけです。

自分がなんだかなぁと思うのは、どうして、こういった内部でしか流通しないはずの文書が外部に流れてしまうのかという点です。楽天だって店子のことを思ってアドバイスしているわけで、それをいちいちリークされたのでは的確なアドバイスもできないでしょう。どこから文書が漏れたのかはわかりません。店子なのか、楽天側なのか。もし店子から漏れたのだとしたら…。

人の行動には建前と本音が表裏一体。それは未来永劫変わるはずもありません。しかし、誰もが持っている本音の部分をさらけ出していたのでは、百万人が総評論家となってしまったこの時代に必ず叩かれる。本音はあくまで心の中に、組織の中にしまっておかなければならない。良いイメージを演出して商売しなければならないのです。

最近は誰もが情報を発信できる時代になりました。本当は言ってはいけない組織内部の話。それを考えもせずにネットに流してしまう人が多いように思います。

自分も気をつけないと。

|

« 新型インフルの影響 | トップページ | 梅乃花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209119/45196978

この記事へのトラックバック一覧です: マスク買い集め奨励を楽天が謝罪~~なんだかなぁ:

« 新型インフルの影響 | トップページ | 梅乃花 »