« 喫煙コーナーを作っても良いのではなかろうか | トップページ | 残り1300日 »

2009年8月16日 (日)

Ensemble Speranza

昨日は営業終了後、茨木のレーズン堂へ。城山のペールエール生を飲んだ後、茨木のクリエイトセンターという文化ホールでEnsemble Speranzaさんの弦楽合奏を聴いてきた。

普段、芸術には縁のないシュナッペルである。何故?とお思いの方も多いだろう。クラスメイトのお誘いである。

大学生をやっているとクラスメイトにはオーケストラだとか合唱系、管弦楽などのサークルのメンバーが多く、コンサートのお誘いを良く受ける。チケットのタダ券をもらったり、演奏会の券を購入したりするのだが、忙しくて行けないことがほとんど。不義理にしていてはなはだ申し訳ないのだが、今回のEnsemble Speranzaさんのコンサートには行くことができた。

このEnsemble Speranzaさん、出演者さんの所属を見ると芸術大学や音楽大学の学生さんがほとんど。プロへの道を歩んでいるヒトである。演奏の方も、はなはだうまい。普段クラッシックを聴かないシュナッペルだから、お笑い芸人がグルメ番組で話すコメントのようなものしか書けないが、うまい。そりゃそうだ。音楽に人生懸けている人たちの演奏である。うまい。

さて、アンコールはPlink Plank Plunkだったのだが、この曲は音楽に疎い自分でも聴いたことがある曲。この曲がアメリカの作曲家、ルロイ・アンダーソン作曲というのは今日知った。他にも、自分の知っている曲を多数作曲しているのも今日知った。YouTubeって便利だな。

ただですばらしい演奏を聴かせてくれて、ルロイ・アンダーソンへの知識欲も満たしてくれてたEnsemble Speranzaさんに感謝である。

|

« 喫煙コーナーを作っても良いのではなかろうか | トップページ | 残り1300日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209119/45944905

この記事へのトラックバック一覧です: Ensemble Speranza:

« 喫煙コーナーを作っても良いのではなかろうか | トップページ | 残り1300日 »