« ちょっとアングラすぎる | トップページ | スコーンと記憶から抜けているスコポラミン »

2009年9月 8日 (火)

ディスコミュニケーション

久しぶりに、吹田キャンパスへ。

GSEコモン棟のコンピュータ室で印刷。ここではセメスターにA4を300枚まで印刷できる。

コーネル式のノートを230枚ほど印刷したところで、管理人のおばさんがツカツカと寄ってくる。何を印刷しているのか聞いてきたので、正直に答えたところ、思いっきり怒られた。この場所では研究・授業に関係するもの以外は印刷してはいけないらしい。

いやいや、授業で使うためのノートを印刷しているのだと答えたのだが、そんな物は自分で買えと言われてしまった。市販されていないと答えたのだが、じゃぁ、どこかでコピーしろと言われてしまった。

どうやら、“研究・授業”の意味は“あのコンピュータ室を使った講義・授業”という意味らしい。それならそう書いてくれないと。もちろん、Yahooで検索したグルメの情報のような、研究・講義に関係ないものを印刷したらだめな事ぐらいわかっている。それは常識だろう。

それに加え、ほかの授業で使う資料の印刷もだめとは。試験の過去問印刷もだめらしい。ただ、そのおばさんは「過去問は黙認しているけど」と、おっしゃっていた。自分の感覚からすると過去問の印刷ぐらいいいじゃないかと思う。過去門だって授業のテストなのだから大いに関係あるじゃないか。だがそうではないとのこと。

もちろん、素直に「もう印刷しません」と深く謝って帰ってきた。GSEというのはGraduate School of Engineeringの略。工学部のテリトリーで薬学部の学生がヤンチャしたらあかん。

今回の非は自分にある。今回の問題は自分に常識がなかったということに尽きるのだが、常識って、難しい。太陽が東から昇るのは常識だし、電車の中でお年寄りに座席を譲るのも常識だ。これは万人が常識と理解できる。しかし、コンピューター室を何十年と管理されている古参のおばさんと、大学に入って二年半、つまりは情報教育を受けて二年半の学部学生の物事に対する考え方が同じかというと、残念ながら同じではない。

ものの見方は話し手と受け手のバックグラウンドに依存し、往々にしてそれは異なる。印刷で人が死ぬことはおそらくないだろうが、医療現場でおこる誤解は重大な悲劇に行き着く可能性がある。自分が思っていることと相手が思っていることが違うと感じたとき、それがどういう原因からなのか考えないとな。肝に銘じておこう。

|

« ちょっとアングラすぎる | トップページ | スコーンと記憶から抜けているスコポラミン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そうやったんか。。。


豊中のサイバーの4Fのマルチメディアセミナー室とかならいけるんじゃないのかな・・??

あと・・・生命図書のPCとか(笑

投稿: はまちゃん | 2009年9月13日 (日) 08時48分

サイバーはプリンタ撤去したという話を聞きました。印刷するにはUSBに落とし込んだPDFファイルを生協のプリンタで▼お金を払い▼印刷する。

CALLの方は、セメスターに150枚印刷可能。生命図書館4Fや豊中共通教育棟の3階CALL教室で印刷できるね。

年間60万円近く授業料を払っていて、紙300枚でヒーヒー言っているのも悲しい話。授業に関係する物なら、自由に印刷させてほしいよなぁ。

投稿: シュナッペル | 2009年9月13日 (日) 16時12分

文系の学生もそれだけできるんでしょうかね?
昔の学生としてはそれでもうらやましいです(笑)。昔はコピーは自腹でしたよ。(年がわかる 爆)

投稿: ま | 2009年9月13日 (日) 17時46分

コピーは今でも自腹ですが、最近は“ただコピ”なるものが生協に設置されています。裏に広告が入った用紙が置かれていて、文字通り無料でコピーできます。

さすがに、大学内では無料のコピーはありません。

CALL教室の印刷は文系の人も150枚は利用でくるのではないかと思います。予想ですが。

投稿: シュナッペル | 2009年9月14日 (月) 09時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209119/46155206

この記事へのトラックバック一覧です: ディスコミュニケーション:

« ちょっとアングラすぎる | トップページ | スコーンと記憶から抜けているスコポラミン »