« 教授会は木曜日 | トップページ | シンクロニシティー »

2010年2月19日 (金)

ポリエチレンスルホン酸ナトリウムの作用機序

来週のクエストに備えて色々と準備。

Dscn742101pellidol

筋肉痛に備えてサトウ製薬のペリドールを買いに行くも、近所のドラッグストアでは置いていない。ペリドールは売れ筋じゃないようだ。筋肉痛のトレンドはインドメタシンやフェルビナクなどか。

自分が高校生の頃は部活の後にサロメチールを塗っていたものだ。薬効成分はサリチル酸メチル。こちらも店頭には無し。

さて、ペリドールの薬効成分はポリエチレンスルホン酸ナトリウム。この作用機序はどうなっているのだろう。大学で使っている薬理の教科書にも、カッツングにも載っていない。でも、患者さんに聞かれたら答えられないと困るから、勉強しておかないとね。

Dscn742302pellidol

|

« 教授会は木曜日 | トップページ | シンクロニシティー »

薬学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209119/47607179

この記事へのトラックバック一覧です: ポリエチレンスルホン酸ナトリウムの作用機序:

« 教授会は木曜日 | トップページ | シンクロニシティー »