« Age Increment | トップページ | 飲み会 »

2010年3月29日 (月)

7セメスターのネタ授業

ネタ授業というと言葉が悪い。価値のない講義のように聞こえてしまうがそうではない。ブログネタにする講義である。それも違うな。卒業要件にはならないが聴いて価値のある講義のことである。

7セメスターはズバリ「医療対人関係論」だ。開講部局はコミュニケーションデザインセンター。時間割コードは360403。開講時期は夏休み集中だから受講もしやすい。

講義内容は異様現場で遭遇する様々な問題とその解決方法について理解するもの。将来医療の現場で働くなら聴いておいて損ではないだろう。

さて、このコミュニケーションデザインセンターとはいったいなんぞや。浪速大学の中でも謎に満ちた部局である。大学が法人化されるから何か特色のあることをやらなければならないが、なにか良いことはないだろうか。そうだ、ネームバリューのある人を集めてきたらどうだろう。学生向けの講義もやってもらおう。開講しても学生が集まってこなければ意味がないですね。それなら医療系の学科の必須科目に指定してもらえばいいのでは。ということで設立された浪速大学の目玉組織。

ということはないだろうが、薬科学科ではコミュニケーションデザインセンターが開講する「ディスコミュニケーションの理論と実践」または「臨床コミュニケーションI」のどちらかが必須になっている。

シラバスを読んでもイマイチ“コミュニケーション”の概念が理解できないのだが、そのあたりは講義の時に尋ねてみたい。

ちなみに、これらをKOANで登録するときには【時間割所属】のところでコミュニケーションデザインセンターを指定しないと登録できないのでご注意を。

|

« Age Increment | トップページ | 飲み会 »

大学での講義・演習・実習」カテゴリの記事

コメント

広~い意味での「対人関係」の作り方を学ぶ学問なんでしょうね。まあ人間社会のたいていのトラブルの元は「人間関係」ということなんでしょう。
それにしても「コミュニケーションデザイン」って英語でこういうんですかね。たぶん言うんでしょうね。

投稿: ま | 2010年3月30日 (火) 20時08分

特にヒトを相手にする職業ではコミュニケーションが大事なのかと思います。

医療系では特にそうだということで、うちの学部でもコミュニケーションデザインセンターの講義が必須になっているのかと推測しています。

投稿: シュナッペル | 2010年3月30日 (火) 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209119/47939888

この記事へのトラックバック一覧です: 7セメスターのネタ授業:

« Age Increment | トップページ | 飲み会 »