« 目薬の成分がわかる! | トップページ | うじうじ悩んでも始まらん »

2010年3月11日 (木)

引用元がWikipediaとは

春休みなので軽い本を読もうと思い、浪速大学の生命科学図書館から借りてきた。

岡部 進: くすりの発明・発見史

岡部 進: くすりの発明・発見史

内容は面白いのだが、数ページ読み進めてがっかり。病気の定義をWikipediaから引用していた。なんだか読む気が一気に減少。以降の内容は面白そうなのだが。

|

« 目薬の成分がわかる! | トップページ | うじうじ悩んでも始まらん »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

確かに本の引用もとがウィキではちょっとがっかりですね。
もちろんウィキが全部だめなわけじゃないでしょうが、引用に使うのは単行本ではどうなんでしょう。
誰が書いているか署名入りじゃないですしね。いろんな人が書いているし・・。

投稿: ま | 2010年3月15日 (月) 12時44分

自分的にはWikipediaは信じていません。

検索結果にWikipediaのページが先頭に来るとなんだかなぁ、と思ってしますのです。

投稿: シュナッペル | 2010年3月15日 (月) 18時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209119/47785269

この記事へのトラックバック一覧です: 引用元がWikipediaとは:

« 目薬の成分がわかる! | トップページ | うじうじ悩んでも始まらん »