« こんなはずじゃないのだが | トップページ | 語る物も無し »

2010年5月25日 (火)

マックも良いのだが

家ではWindows、大学ではマックまたはWindowsの生活になって二ヶ月。だんだんとその不便さが見えてきた。

マックにはマックのシステム思想があるから、それを否定するつもりはない。あれはあれで良い物である。

何が不便かというと、両システムの思想の違い。たとえば、マックのキーボードは“ctrl”キーが中段左端に付いている。Windowsなら左下。この違いが一番のストレス。ローマ字入力での変換をctrl+p、o、i、uキーで決定するのになれているからこれは不便。

マックのメニューバーがモニター上部に張り付いているのも不便だ。いちいちまマウスカーソルを最上部まで移動させなければならない。

もっと困るのがマイクロソフトWordのショートカットキー。どうして同じ会社の同じ製品なのにWindowsとマックでそれが異なるのか。マックのWordではalt+e、sで「形式を選択して貼り付け」にたどり着けない。これは不便だ。右クリックで出てくるメニューにも違いがある。

そして最も不便なのがFirefoxのtabキーによるフォーカス移動。たとえばこのページのdate、volume、first pageフィールドに数字を入力する。その後はtabを6回押せば[go]ボタンにフォーカスが移動するのでEnterキーを押して検索。この回数は指先に染みついている。ところがマックではボタンにフォーカスが移動しないのだ。数字入力のフィールドの次は何故かアドレスバーに移動する。検索するにはいちいちキーボードからマウスに手を移動しなければならない。何で?

|

« こんなはずじゃないのだが | トップページ | 語る物も無し »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209119/48451116

この記事へのトラックバック一覧です: マックも良いのだが:

« こんなはずじゃないのだが | トップページ | 語る物も無し »