« 芒硝 | トップページ | 閉塞感? »

2010年6月17日 (木)

ブログの更新が一週間空いてしまった。反省gawk

昨日の漢方の講義、教室で実際に葛根湯と桂枝湯を調合し、煎じて飲むデモンストレーションが行われた。

「じゃ、誰か代表2人、生薬を秤ってください」と先生が仰るのだが、何故かこういうときは指名される。

自分が目立つから?もう一人の人も、ある意味特徴的なヒトだったが。

漢方処方にはすでに決まったレシピがあり、たとえば自分が調合した葛根湯なら

カッコン 8.0g
マオウ 4.0g
ショウキョウ 1.0g
タイソウ 4.0g
ケイヒ 3.0g
シャクヤク 3.0g
カンゾウ 2.0g

である。ところが、用意されたスケールは最小目盛りが1g。どうせいっちゅうねん。

ところで、試薬を秤取るときには、コンタミ防止のためできるだけスパチュラを試薬瓶に突っ込みたくない。だから、瓶を傾け薬包紙の上に直接試薬を流し込む。試薬をちょっと出し過ぎたら、その分を別の薬包紙ですくい取り、ゴミ箱に捨てる。試薬瓶に戻すとコンタミの元である。捨てる分はもったいないが、安い試薬なら気にしない。

この方法なら、スパチュラを使わないので洗い物の手間も省ける。

今回もこの方法でいこうと思ったのだが、思いっきり薬匙を差し出された。しかも、7種類の生薬を一つの薬匙で秤取れという。

思いっきりコンタミするやん。いいの?

|

« 芒硝 | トップページ | 閉塞感? »

大学での講義・演習・実習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209119/48650686

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 芒硝 | トップページ | 閉塞感? »