« 信じない人は? | トップページ | ブログ通信簿 »

2010年6月20日 (日)

はながさ

昨日は十三で薬学科の飲み会。B型肝炎ウイルス第一回接種の打ち上げである。なんだそりゃ。

時間は19時から。しかしそれまで時間が余っていた。というのも、実験に失敗したから。なんだそりゃ。

それならゼロ次会をするしかない、ということでラボのM氏を誘う。M氏は薬科学科なので一次会には参加せず、ゼロ次会だけの参加なのだが快諾してくれた。

会場は十三の「はながさ」。沖縄料理のお店である。阪急十三駅の西口を出て、サンドイッチやおにぎりを店頭で販売しているお店の角を右に入ると、立ち飲み屋が軒を連ねるしょんべん横町。はながさはそのほぼ北端にある。

この界隈にある立ち飲み屋、夕方5時という時間帯でも満席の店がある。人気店ですな。きっと安くて美味しいのだろう。はながさもその中の一軒。待ち合わせ時間の前にチェックしたところ、1階の立ち飲みスペースは満席だった。いやいや、席はない。それでも呼び込みのおっちゃんに「2階へどうぞ、テーブルもありますよ」と言われたので、はながさをセレクトしたのだ。

さて、実際にM氏と連れだって2階に上がってみる。テーブル席はあるにはあったが、“予約席”のプレートが置いてあるじゃないか。カウンター席に案内されたよ。

これは想定外である。

M氏よ、詰めが甘くて申し訳なかった。あっ、今思いついた。途中で席替えすればよかったな。

沖縄料理の方。まずはオリオンビールから。なんと、生が置いてあった。生のオリオンビールを飲むのは5年ぶりぐらいか。自分は味覚がちょっと鈍いので、正直なところ生と缶の区別は付かない。しかしそれでも“生”という語感がいいではないか。

シュナッペルは生が好き。

メニューは下の立ち飲みスペースと同じなのだろうか。違いはおそらく突き出しの有無。料理はだいたいが500円前後の料金。安い。とりあえずガシガシ注文を入れる。

まずは豆腐よう。「これ何?」と聞かれ、「腐った豆腐」と答えたいところだが、飲食店で「腐った」と大声を出すのはマズイ。「微生物の力を借りて発酵させた食品」と答える。泡盛に漬け込んで発酵させてあるから、微妙にアルコールのかほり。爪楊枝でちびちび食べる。

海ぶどうはお姉さんに「たれをかけないで食べてくださいね」と言われる。つぶつぶがしぼむからだという。何でだろうと不思議に思うが、「浸透圧の関係じゃない」と同行者の答え。さすが理系。

しまらっきょう、もずくのてんぷら、ゴーヤチャンプルにパパイヤチャンプル、ミミガー、沖縄焼きそばなどなど。沖縄の瓜とスパムと豆腐のチャンプルも頼んだけれど、これは味噌味で美味しかった。あの瓜の名前は何だったんだろう。

というわけで、軽くゼロ次会のつもりがオリオンの生を2杯に泡盛をロックで飲んでしまった。飲み過ぎである。

M氏よ、今度はもっと段取り良くするので、また付き合って欲しい。

|

« 信じない人は? | トップページ | ブログ通信簿 »

ビールとおいしい食事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209119/48675301

この記事へのトラックバック一覧です: はながさ:

« 信じない人は? | トップページ | ブログ通信簿 »