« 研究室の選び方:(1)ランニングコスト | トップページ | フォントが違う »

2010年7月30日 (金)

うなうな

Dscn816801

オッサンになると毎年同じ時期に同じ事をやるようになる。飲み屋に行って「いつもの」と頼んでしまうのも同様の範疇。行動がパターン化かしてくるわけで、良い意味で言うと達してしまった、悪い意味で言うと新しいことに挑戦できない。

研究者になるなら後者は致命的である。

さて、昨日の晩ご飯ウナギ弁当。今週は土用の丑の日があったからね。近所のウナギ専門店のものだ。

今住んでいるところに引っ越してきて、街もずいぶん変わった。消えていく店も多いのに、このウナギ屋だけはその時からずっと営業している。しかも路地裏から路面へステップアップ。ウナギというものは毎日食べるわけではないだろうに、これだけ息長く営業できるのはどうしてか。味がよいからか、ニッチ産業だからか。

不思議である。

|

« 研究室の選び方:(1)ランニングコスト | トップページ | フォントが違う »

ビールとおいしい食事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209119/49009590

この記事へのトラックバック一覧です: うなうな:

« 研究室の選び方:(1)ランニングコスト | トップページ | フォントが違う »