« 研究室の選び方:(2)コアタイム | トップページ | オープンキャンパスって、意味あるのかな »

2010年8月 6日 (金)

生きています

ブログの更新が途絶えてしまったが、生きていますhappy01

今週月曜日にテストが二つ、火曜日にひとつ、そして、木曜日にはレポート提出が一つ。これで今セメスターの授業が終了しました。

一週間にどばーっと波が来たので多少パニック。今までなら難なく乗りこなせた波ですが、研究室で研究の練習のようなことをやりながらではキツイ。

案の定、テストはボロボロ、レポートは以前に他の講義で配布されたレジュメをまる写し。こんなことでよいのでしょうか。

おそらく、今セメスターの成績が発表された時にはGPAが大幅にダウンしていることでしょう。6セメスター終了後には奇跡的にGPAが下がっていなかったのですが、今セメは明らかに低下。

トホホです。

ひとつほっとしたのは月曜日に行われた最先端分析機器化学。最先端といっても、分光光度計やNMR、質量分析器といった普段からよく使っている機械で、最先端じゃないんですけれどね。

昨日試験の結果を聞きにいたっところ、100点でした。単純なので喜んでいますが、あの試験はサービス問題。薬剤師国家試験の過去問に目を通しておけば誰でも100点を取れます。化学系の4年生なら、無勉でも単位は堅い。

ありがとう、先生。

upwardleft

さて、今日は夏休みの集中講義の前準備のような講義を受けるため、豊中に来ています。8時ぐらいにキャンパスに到着、2限の開始まで時間があったので、お気に入りの基礎工学部ラウンジで時間をつぶそうと思ったら、なんと、部屋が人でいっぱい。ヲイヲイ、自分の席がないですよ。基礎工学部は今が試験期間なんですかね。

|

« 研究室の選び方:(2)コアタイム | トップページ | オープンキャンパスって、意味あるのかな »

大学生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209119/49073263

この記事へのトラックバック一覧です: 生きています:

« 研究室の選び方:(2)コアタイム | トップページ | オープンキャンパスって、意味あるのかな »