« ことえり | トップページ | ゴム手の再利用 »

2010年10月27日 (水)

ケンから入る

ギャンブルは「見」からはいる。これ基本中の基本。いきなりお金を賭けていたら、一瞬にして資金を失う。

まずは、じっくり様子を観察。ディーラーの癖を読む。これ大事。そしておもむろに張る。

今日の実務実習事前学習は電話による疑義照会。疑義照会とは患者さんが持ってきた処方箋に疑わしい点があれば医師に確認するという作業。

他の大学のOSCE対策がどうなのかは知らないが、うちの大学では簡単な説明の後、処方箋を渡されていきなり「では始めてください」でスタートする。普通は先生なりTAさんが見本を見せてくださるものでしょう。いや、普通かどうかはわからないが、学生としては是非とも先輩薬剤師の見本をお願いしたい。

手元にあるのは、チェックシートに書かれた評価ポイントのみ。それを満たすように内線電話で医師役のTAさんへ疑義照会をおこなう。

今日の演習では、真っ先に処方箋の疑わしい点を発見し、トップバッターで疑義照会。そこでハタと困った。

最近は電話で会話することも少なくなったし、自分は社会常識のカケラも持ち合わせていない大学生である。文言がすらすら口から出てこない。

こりゃ、一番にやるんじゃなかったよ。クラスメイトが練習でやる様子をよく観察し、それを参考にしてから臨めば良かった。終わってから他人を観察していたのだが、みんな上手だったよ。

何事も人の真似をするのが大事だね。

研究は一番じゃなきゃダメだけれど。

|

« ことえり | トップページ | ゴム手の再利用 »

大学での講義・演習・実習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209119/49864793

この記事へのトラックバック一覧です: ケンから入る:

« ことえり | トップページ | ゴム手の再利用 »