« 皆さんお元気のようで | トップページ | 元ネタ »

2010年11月20日 (土)

撃沈

ある大学の理学部の物理学科の先生が新入生に向かって「君たちがここで学ぶのは物理ではない。ものの考え方、サイエンスのやり方を学ぶのだ」と訓辞を述べた。素粒子が専門の教授だっただけに説得力がある。

この言葉の裏を読めば、大学で学ぶことなど社会に出たら役に立たないということだ。

自分は薬学部の化学系の研究室にいる。やっていることが時代の最先端なだけに、この研究内容に直結する仕事に就けるとは思えない。

でもね、問題点を見つけ出して解決方法を考えてそれを実行し結果を評価する能力さえ身につければ、どこに行ってもやっていける。

それが難しいのだが。

もう一つ大学で学ぶことの一つはプレゼンテーション。ヒトを説得してYesと言わせる能力。

今日のプレゼンは大失敗。自分では悩みに悩み、練りに練った企画だったのだが、相手に対する訴求力が足りなかったようだ。

速攻で駄目出しされてしまった。

このプロジェクトはどうしても自分がやりたいことなので前々から何度も担当者を説得にかかっているのだが、なかなか首を縦に振ってもらえない。

無限大のポテンシャルに立ち向かっているのかもしれない。諦めたほうがよいのだろか。

Potential

|

« 皆さんお元気のようで | トップページ | 元ネタ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209119/50085632

この記事へのトラックバック一覧です: 撃沈:

« 皆さんお元気のようで | トップページ | 元ネタ »