« CBT模試 | トップページ | CBT模試の結果 »

2011年1月12日 (水)

匿名はありなの?

最近は匿名で贈り物をするのが流行っているのか。青森市役所にはスティッチ名義で100万円の寄付が届けられ、青森市長は「温かい気持ちに感動している」とコメントしているが、なんかちょっと腑に落ちない。

100万円といえば大金だ。年末の赤い羽根共同募金や駅前のあしながおじさん募金に100円、500円硬貨を入れるのとはわけが違う。

その100万円はロンダリングされたお金かもしれないし、盗まれたお金かもしれない。寄付する人はそういった杞憂をはらすべく実名を名乗るのが筋である。もちろんキレイであることを証明する必要はないが、問い合わせられた時に堂々と答えられる用意はしておくべきだろう。

反社会的な組織から出たランドセルかどうかわからないということと、善意のランドセルだということは全く同じではない。

市役所の窓口担当者が寄付してくれた人の名前を外部に漏らさないだけなのかもしれないし、施設庁が寄付者の名前を心の中に堅くしまっているだけなのかもしれない。それならそれで良いのだが。

最近では、海上保安庁の職員がCNNの東京支局に情報をリークした際に、CNNは匿名だったので読まずに捨てたという話があった。人間、実社会で行動する時には実名が必要なのではなかろうか。

寄付を匿名にして欲しいなら、寄付を受け取った組織が口をつぐめばいいだけのことである。

と、匿名のブログで主張してみてもちっとも説得力はないのだが。

|

« CBT模試 | トップページ | CBT模試の結果 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209119/50568890

この記事へのトラックバック一覧です: 匿名はありなの?:

« CBT模試 | トップページ | CBT模試の結果 »