« 授業アンケート | トップページ | 情報の漏洩? »

2011年2月 7日 (月)

研究室の選び方:(6)楽な研究室を狙え!

浪速大学ともなれば、基本、どの研究室を選んでも間違いはないハズ。日本でトップクラスの大学に在籍し続ける教授陣であるから、研究レベルも文句なし。

自分の気になる研究テーマを判断材料にラボを選べばよいと思うよ。

研究テーマなんていうのは一過性のもの。大学4年生の時に学ぶのは研究のやり方だから、テーマ自体はそれほど重要じゃない。大学院に上がる時でも、博士課程に進む時でも研究テーマを変えることができるから、本当にやりたいことはその時に選べばよい。

と思っていた時期もあった。

でもね、大学4年の時にのめり込んだ研究テーマがその人の一生の研究テーマになる事もある。将来研究職に就こうと思っている人は、その辺りのことも頭の隅に置いてラボを選んだほうがよい。

複数の研究室で迷ったら?

楽な研究室を選びたまえ。

社会人になったら年次有給休暇がもらえる。これは、労働基準法にも規定されている労働者の権利。ところが、学生に有給休暇はない。

体調不良になれば休むことはできるが、健康なヒトは大学をサボることができない。毎日大学に行くのもシンドイですぞ。

自分はだらけた性格だから、厳しい研究室に配属されて鍛えてもらおう、と考えているあなた。そんな考えは今すぐ捨てたほうがよい。

自らを律して厳しい研究室ライフを送ることはいくらでも可能。しかし、力を抜きたい時にそれができるかどうか。厳し研究室だったら、息抜きすらできません。

悪いことは言いません。必要以上に厳しい研究室を選ぶのはちょっと待て。精神を病んで大学に来なくなり卒業できなくなった。そんなことになったら卒業研究、大学院入試どころではない。

皆さんの第一目標は大学卒業ですぞ。

|

« 授業アンケート | トップページ | 情報の漏洩? »

研究室の選び方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209119/50796785

この記事へのトラックバック一覧です: 研究室の選び方:(6)楽な研究室を狙え!:

« 授業アンケート | トップページ | 情報の漏洩? »