« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月29日 (火)

日本はこの先大丈夫?

ポータルサイトで紹介されているこちらの記事を読んで、なんともやるせない気分になった。

“中学生アイドル”の藤波心さんが原発とそれに関する報道を批判して話題になっているという記事。この記事だけを読んで発言するのはフェアではない。藤波さんのブログ記事も読んだのだが、初めに感じた居場所のない気持ちはさらにつかみ所のない不安となる。

字面どおりに記事を読んで良いのか、ご本人は全てを理解していて読者を釣っているのか、それともご本人がご自身を表現しているとおりなのか。

氏は中学二年生というが、日本の教育は大丈夫かと不安になる。狭い島国でヒトと教育が資源の日本なのに。

と、ブログのエントリーにしている時点で氏に釣られているわけである。

six

さて、今まで学んできた事から判断すると、明らかに間違っているとわかる考えに出くわしたとき、ヒトはそれとどのように対峙したらいいのだろう。

絶対に意見しなければならないことと、意見しても良いけれどしなくても良いことと、絶対に意見してはいけないこと。この三つを見極める確かな目を持たなければならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰国

知り合いの知り合い一家が帰国することになった。理由は、原発事故の影響が怖いからだそうである。

何ともまぁ。関西では原発事故に関する健康への影響は全くないというのに。関西どころか、関東東北でも、原発の極近く、おそらくはその敷地内と敷地周辺以外では健康への影響は無いと報道されている。

情報が行き渡っていないのか。

調べてみるとその国は世界有数のウラン産出国だが、先進国では数少ない原発のない国であった。研究用の原子炉があるのみ。

彼ら一家の帰国の理由が原発事故だけなのか、それは方便でもっと別の理由があるのかはわからない。しかし、原発のない国と聞くと、本当に前者の理由で帰国するのかもしれない。

日本に住んでいると原発のある暮らしが当たり前だが、世界ではそうでない国もたくさんあるのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月28日 (月)

技術リスクコミュニケーション論

28日の日経新聞朝刊23面によると、飲料水についての放射性物質濃度に関する正式な規制値を策定して欲しいと東京都が要請したとのこと。

“暫定規制値を超えた水について国が「原則飲用を控えてほしい」としつつ「代替えできないときは飲用しても差し支えない」と説明しているのはわかりにくい”

ということらしい。

いや、十分わかりやすいと思う。たとえて言うなら、赤信号のときに横断歩道を渡る行為は交通ルール的にも安全の面からも控えるべきだが、彼女とのデートの待ち合わせに遅れそうな時には無理してでも渡るということだ。

こういうやり取りを読んでいると、リスクコミュニケーションが破綻していると感じる。それを飲用することでどの程度の不利益がどの程度の確率で生じるのか。その不利益を回避することはできるのか。飲まない事による不利益はどうなのか。肝心なところが伝わっていない。

伝える方も言葉足らずだし、聞き手の方も何を知ればよいのか理解していない。

専門家が一般の人に安全や安心、リスクについて語る時に何を考慮し何を伝えればよいのか。コミュニケーションデザインセンターが開講する技術リスクコミュニケーション論を受講すれば理解が深まるかと思われる。

関心のある方はKOANで授業コード360119を検索してみてください。

いかんせん、履修対象が研究科大学院生と社会人なんだよなぁ。講義日程的には土曜日集中なので、薬局実習とは微妙に重ならないのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リサイクル資源

実験で10分時間が空いたので、ラボのリサイクル資源を捨てに行く。年度末の軽い掃除で、ノートやなんやら沢山の紙が出ている。

手順としては学部の事務でリサイクル資源置き場の鍵を借りて捨てに行くのだが、何故かその扉が開かない。押しても引いてもびくともしない。蹴ったり殴ったりして何とか開けてみると、2mぐらいの高さまで山積みだった。中から圧力がかかっていたので開かないわけだ。外開きなのに。

どの研究室もやることは同じ。

台車山盛りの資源を持ってすごすごと引き返し、事務に鍵を返したわけである。置き場が一杯であることを事務の人に言うと、

あぁ、そうです。

という答え。ヲーィ。知っとんたんかーい。自分が鍵を持ち出していくところ、見てましたよね。思わず、

いつから満杯だったのですか?

と聞いてしまった。しかも、

もう一度おたずねしますが、いつから満杯だったのですか?

さらに、

教えていただきたいのですが、何日からもう置けない状態だったのですか?

と、聞いてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8セメまでのGPA

昨日、受講申請のため久々にKOANにアクセス。最後の成績が付いていた。学部の成績は3月1日に開示されたが、コミュニケーションデザインセンター開講分の成績がまだだったのである。

改めてGPAを計算してみると…

8seme_gpa_2

学部のGPAは微増、浪速大学で取得した単位全体は若干の減少。それもそうである。191単位も取得すれば、いまさらSでもAでもBでもほとんど変わらない。このあたりが自分の実力の限界か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月27日 (日)

9セメスターの時間割

新年度も目前である。来セメスターの受講申請のためKOANに接続。受講申請しようと思ったのだが、既に履修登録が教務係によってなされている。

10semester 

9セメスターも10セメスターも実務実習で一杯だ。前期は5月16日から薬局実習、後期は9月5日から病院実習なので通常の講義を入れる余裕はないのだ。曜日と時限が重なっている時には裏技を使うと登録できることもあるのだがそれもできない。

来年度はネタ講義の受講は無しかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

請われれば一差し舞える人物になれ

昨日から今日にかけてのヘビーローテーションは、昨日の浪速大学卒業式で録音した鷲田清一総長の式辞。その内容については浪速大学のサイトにそれを書き起こしたPDFファイルがアップロードされている。

25日の卒業式に参加されなかった卒業生の方々には是非読んでいただきたい文章である。もちろん、在学生とその他浪速大学関係者の方々や、一般の方々にも是非読んでいただきたい。3月11日の震災の後、今我々に何ができるのか。そして我々は今後いかにあるべきなのか。鷲田先生は平易な言葉で語りかけてくださる。

本当は、ICレコーダーの中のMP3ファイルをアップロードしたいのだが、著作権の問題もあるので…。

先生とは2年生の時に一度お話しさせていただいたことがある。先生は愛嬌に満ちあふれ、後ろ姿だけではなく前からのお姿もすてきな方である。その語り口もヒトを引きつける。文章では味わえない雰囲気を是非、音声でお聞きいただきたいのだが。

「こわれればひとさしまえるじんぶつになれ」

音を聴いただけでは理解できなかった梅棹忠夫先生の言葉の意味をPDFファイルで知った。音も文字もどちらも大事である。

式辞の前半は震災に関連して。Copresence、そこにいるだけで良い。東北・関東が大変な状況だけれど、関西は普通で良い。東北で頑張っている人が疲れた時、逃げ込める場所が関西。私たちはいつも北を見ている。関西が普通に経済を回しているから、世界の中での日本も崩壊しないで済んでいる。復興のための税金を払っている。

後半は“プロ・フォロワーになれ”。ここで言うフォロワーはとは黒子、脇役、駒の意味。東大・京大の式辞なら日本を導くリーダーになれと言うところだが、その他大勢の“歩(ふ)”または“と”になれというのはいかにも浪速大学らしい。

皆が皆リーダーである社会は脆弱な社会と鷲田先生はおっしゃる。まったくである。船頭が多数必要になるのは、船を山に持ち上げたい時だけだ。

だれもがトップを目指さなくても良いし、一番である必要もない。時代の最先端を走り続ける必要もない。そう考えると、人生のハードルはだいぶ下がる。自らのポジションを明確にし、使命を果たし、そして、請われれば一差し舞える人物になればよい。

もう一度リンクを張ります。他大学の卒業生の方も、是非読んでみてください。

http://www.osaka-u.ac.jp/ja/guide/president/files/h23_shikiji.pdf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月25日 (金)

卒業式

今日は大阪城ホールでの浪速大学卒業式の後、夜から薬化学科4年生の卒業パーティー。自分は薬学科の6年制でまだ卒業はしないが、彼らの努力を讃え、今後の人生に幸有れと祝うために出席。

卒業生の皆さん、おめでとう。みんなの事を見ていたからわかる。君たちにはきっといつの日か、必ず明るい光が届くはず。

最近は心の滅入る話が多かったけれど、今日、浪速大学を卒業するみんなから元気をもらった。

次は自分が頑張る番だ。

頑張れそうな気がする。

今日は言いたい事が多すぎる。

週末にジックリ、ブログを更新しよう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年3月24日 (木)

研究室配属

昨日の夜、先生の姿が見えなかったなぁと不思議に思っていた。ネットで消息を知った。

恐るべし、ツイッター。

うかうかデートもできない。

note

さて、今日は新4年生の研究室決定ミーティングの日。10時から12時にスケジュールされているが、GPAの値で決めるから、もめることもないだろう。

新4年生がラボを訪ねてくるのは10時半ぐらいか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カキ菜

その地方でしか作られていない野菜。美味しい物が多い。

金沢の加賀野菜、金時草。葉の表は緑だが、裏が紫。おひたしにするとヌメリが出る。これがまた美味しい。

関西ではお目にかかれないカキ菜。食べてみたいねぇ。一回二回食べたところで放射性物質の影響はないという。捨てるぐらいなら送って欲しいよ。

生産者の方々は悔しさいっぱいかと思う。原発からの放射性物質の飛散が収まるまでの辛抱です。気を落とさずに。

sun

用事があったので学部の教務係へ行く。別件ですがと、実家の安否を尋ねられた。地震発生から十日以上経っているとはいえ、心配していただき有り難いことである。

幸い、両親ともに無事である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月22日 (火)

イチゴジャム

知り合いがイチゴジャムを作った。例年は国内産の生イチゴを使って作るそうだが、今年はチリ産の冷凍物。放射性物質の降下を気にしているわけではない。まだイチゴのシーズンではないからと言う理由。

チリは銅鉱山や沿岸での漁業ぐらいしか資源がないので、ベリー類の生産に力を入れているらしい。現在のイチゴの原型が南米チリという話もある。

Dscn8359_strawberry

この写真で冷凍イチゴが3kg。砂糖を加えて煮詰めるとジャム瓶が6本ほど。少なくなるね。

一口食べさせてもらったが、美味しい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

0.0007%

来月飲む胃カメラについての説明書を読んだのが、穿孔などの偶発症が起こる割合は0.07%以下、死亡する割合は0.0007%だそうだ。

ん、この確率が高いのか低いのか全く解らない。0.0007%と言われてもなぁ。百万人に7人の割合である。百万と言われるよりも、メガとか106と言われる方がイメージはしやすい。

ちなみに43の数字から6個を選ぶLOTO6で1等が当選する確率は、6,096,454分の1。

胃カメラの検査で死亡する割合はLOTO6で1等が当選する確率の42分の1

と言われた方がより直感的に理解できる。え?より解りにくいですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月21日 (月)

進路希望調査

先日、薬学科4年、5年生に進路希望調査が行われた。選択肢は、

  1. 就職
  2. 博士課程に進学
  3. 博士課程に進学希望だが、博士課程に進むかもしれない

の三択。2012年度に開設予定である博士課程の定員を決めるためのものと思われる。シュナッペルの回答は3。就職確率99%、進学確率1%だからな。

心の中では何とか薬学博士の学位をゲットできないかと考えているのだが、無理か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月20日 (日)

チョコレートショップ、エクチュア

空堀にあるチョコレートショップ、エクチュアに行ってきた。今年のバレンタインデーにいただいたのはここのチョコレート。今日はそこのカフェでお茶である。

Dscn8354_640

写真は同行者が食べたスイーツのアソート。バニラアイスにブランデーのチョコレートケーキ、シナモンとレーズンのシフォンケーキと、何かのチョコレートケーキ。そして生チョコが5個。ピンクの生チョコは、ちょっぴり塩味が効いた桜チョコである。

ボリュームたっぷりである。美味しい。

自分はチョコパフェをいただいた。

全体的に値段は高めだが、どのチョコも、どのケーキも香りの個性が強くて好き。大阪にお住まいなら一度はデートで行っておきたいお店である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近況:卒業就職おめでとうございます

Dscn8353_640_2暖かくなれば毎年同じ時期に咲きます。今年も3月15日頃に医学部講義棟前で花開きました。

地下鉄の車内でも花束を持った人、袴を着た女性を見かけるようになりました。卒業される方、就職される方、おめでとうございます。

モクレンは何事もなかったかのように皆さんを祝福しています。

シュナッペルは現在大学4年生。でも卒業はしません。4月からは5年生。薬学科は六年制なのです。

人気ブログランキングへ ←クリックしていただけると嬉しいです。

浪速大学の学生が、日々の生活を綴っています。どなたに読んでいただいているかわかりませんが、コメントいただけると、嬉しいです。特定のブログ記事では括れない話題は、この記事へコメントよろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月18日 (金)

日本薬学会開催中止

今月末に静岡で行われる予定だった日本薬学会も中止が決定。それに向けたラボでの発表練習も中止。

この学会に向けてがんばって実験していた同級生の皆さんにとっては、残念な事態。

要旨集が配布されていることから、年会は成立したことにするそうだ。と言うことは、業績の一つに書けるということ。それだけでも、十分。

と、ここはプラス思考で。

自分は来年の学会で発表したいが、今の実験のペースでは厳しいかな。来年度は薬局実習や病院実習があるし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

収入も低いです

午前中に病院。採血してもらったのだが、採血管も四本目になると血液の出が悪くなる。普段から血圧低いですかと聞かれたので

いつも血圧低いです、テンションも低めです。

と答えたら、採血してくれたお姉さんにややウケ。調子に乗って

収入も低いです。

と言おうとしたが、自粛。お金関係の笑いは下品である。低いどころか、収入無いしbearing

来月胃カメラを飲むことになったので、看護師さんからその説明を受ける。最近花粉症がひどいので、胃カメラを口に入れているときにクシャミしたくなるけど大丈夫ですかと聞く。看護師さん答えられず、

当日、検査の場所で聞いてください。

とのこと。まぁ、そうだよね。キシロカインでクシャミが止まるとは思えないし、抗コリン薬のスコポラミンでもしかり。

ついでに、三割負担で費用はいくらぐらいですかと聞いたが、

医事課で聞いてください。

とのこと。まぁ、そうだよね。看護師さんが知っている情報ではない。2,3千円なのか、2,3万円なのか、10万円なのか、オーダーが知りたかっただけで、細かい数字が知りたいわけではないから医事課にはたずねず。

というわけで、人生2回目の胃カメラが来月です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月17日 (木)

無力

震災に関する報道を新聞で読む。

医師が不足している、看護師が不足しているという現地の人の訴えは読むが、薬剤師の人に来てほしいという声は聞かない。

災害時に薬剤師が発揮できる職能は何なんだろう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年3月16日 (水)

入学祝い

甥っ子が前期試験に合格、この春から大学生になるという。おじさんとしては、オッサンとしては入学祝いを贈ってあげるべきか。

かなり前に薬学部志望という話は聞いていた。その大学のシステムを自分はよく理解していないから解らないのだが、大学に入学できたとしても、薬学部にすんなり進むことができるのか?しかも、薬学科の定員がバリ少ない。浪速大学よりも少ない。

難しいとしても、たとえ研究者になるとしても、薬剤師免許だけは持っておいた方がよいと思うよ。

薬学部に行くのかどうかは定かではないが、理系で生物系なら『エッセンシャル』ぐらいは持っていた方がよいだろう。アマゾンで検索してびっくり。第3版の日本語訳が出版されているではないか。

B.et al. Alberts: Essential細胞生物学〈DVD付〉原書第3版

B.et al. Alberts: Essential細胞生物学〈DVD付〉原書第3版

これは入学祝いに贈るよりも前に、シュナッペルがほしい。本棚に飾っておきたい。

「エッセンシャルなんぞ要らん、セルを送ってこいよ」と思われても嫌だし、迷うところ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年3月14日 (月)

安全対策

先週末の地震をふまえ、ラボでは朝一で緊急ミーティング。防災の心得について注意喚起と、ラボ内の危険なところをチェック、その後、安全性を高めるための提案を全員で。

ラボ内をあらためて見回してみると、思いのほか安全対策がなされている。提案できることと言えば、不要不急の物を廃棄するぐらい。

かつて在籍していた場所では、危ないなぁと思っていても「ここは地震がこないから」とスルーされたこともあった。同じ日本なのに。

浪速大学は違う。阪神淡路大震災の経験もあれば、かつてシランが爆発し尊い命が失われた事故もあった。それをふまえ、安全にはかなり厳しい。

学内で安全を統括する部局の人が週に一回安全を確認しに来る。結構細かいところまで指摘される。その効果もあり、学内はおおむね安全対策がきちんとなされている。

次に求められるのは、実験する学生の意識を▼常に▲高く保つことか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月12日 (土)

大学のポータルサイトで知った

大学のパソコンのブラウザのトップページは、浪速大学構成員向けのポータルサイト。Yahoo!でも良いのだが、ブラウザ立ち上げるごとにサボっていると思われても嫌だからね。

そのポータルサイトで今回の地震を知った。明日の後期試験は予定通り実施すると書いてある。

え、東北で地震なの?

大阪でも揺れを感じたというヒトもいたが、薬学部の建物はぴくりともしなかった。

帰宅途中のターミナル駅で朝日新聞の号外をもらう。大変なことになっている。後期試験を実施している場合では無いような気もするのだが。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年3月10日 (木)

卒業のシーズンです

浪速大学の卒業式は今月25日、式場はジョーホール。

最近の卒業式は当然のように父兄参加。そのため、大きな会場が必要なのだ。とめどもないインフレーションを抑えるため、卒業生一人につき二人までという制限付き。入場には整理券が必要だ。

この整理券、去年はKOANで配布されていた。今年もKOANで配布されているらしいのだが、去年との違いは、卒業生しかダウンロードできないということだろう。

なんてこった、自分も卒業式に参加しようと思っていたのに。薬科学科の友達にお願いして手に入れるしかない。

今朝掲示板をチェックしたら、学部卒業生の楠本賞ウイナー、学位記受領代表者、成績優秀表彰者が発表されていた。

そういうことなのねぇー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

卒論発表二日目

昨日は化学系と環境系研究室の卒論発表。自分が所属するのは化学系なので、ラボメイトの4人も本番だった。

練習の時よりもグッと発表の質が上昇している。徹夜した日もあり、みんながんばっていたからなぁ。

発表後に准教授の先生から一言。「薬学科の卒業研究発表はマスター卒程度のレベルが期待されるからね」

は?

薬学科は5ヶ月ほど学外で実習するんですが。4年の時の講義数も薬科学科より多いし、国家試験の対策もしなければならないし。

同程度は無理でしょう。

昨日今日と発表を聞き続け疲弊。後半、環境系の人の発表は聴かずに実験したよ。

bell

夕方は千里中央で情報交換。前々から行きたかった天麩羅屋で。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月 8日 (火)

卒業研究発表会

本日は卒業研究発表会一日目。薬科学科生物系の皆さんの発表である。発表6分、質疑4分。

合計10分は短い。

発表を聞いているのは生物系のスタッフか、演者と同じ研究室の皆さん。化学系の先生方はほとんどいらっしゃらなかった。3年生以下の学生さんもほとんど見なかった。下級生こそ研究室選びの参考に聞いた方がいいのに。

質問しているのはほとんど先生方。3年生、もっと質問してよ。

明日は化学系と環境系の卒業生が発表。シュナッペルのラボの同級生が発表する。楽しみである。

自分?シュナッペルは6年制の薬学科なので2年後に発表である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 4日 (金)

小野原、発展したなぁ

先日、小野原の関スパの前を通りかかった。カドの交差点から西側を望むと、新しい道がズーンとついている。昔はなかったのに。

同行した人の話を聞いてみると、千里中央まで続いているという。

今日、Yahoo!の地図で確認してみた。小野原西6丁目交差点からの真新しい道は国循の北側をかすめて船場東を抜けた後、新船場南橋まで続いていた。

懐かしい。昔、新船場東町の片隅のビルで5年ほど働いていたんだよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 3日 (木)

花粉症の季節です

今日から急に目がかゆくなり始めた。そろそろ花粉が飛び始めたな。

第2世代のH1受容体拮抗約、フェキソフェナジン塩酸塩を服用したいところである。

nine

実務実習事前学習で調剤の練習は終了した、OSCEも合格した。でも、もう少し計数調剤の練習をしたいところ。そうだ、アレグラを買って錠剤を数える自主練をしたい。

昨年はラボでお世話になっている試薬屋さんからビタミンのアンプルを購入した。注文したらアレグラも持ってきてもらえるかな。

まずは薬価を調べてみる。30mg錠で63.60円。意外に高い。製薬会社のサイトで包装単位を調べてみる。100錠。

薬価ベースで6,360円。

こりゃ、練習のためだけに払える値段ではない。今回はやめておこう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

来年がんばって再受験

京大入試で不正行為を行ったと思われる受験生に逮捕状が出たらしいが、賢いのかアホなのかスマートなのか、よくわからん。携帯使ったらすぐばれるのに。

生活IQが低いのかな。

若いときの過ちは、誰にでもある。来年がんばって入試に再チャレンジだ。手元にある浪速大学の募集要項には過去にカンニングをした人は受験を認めないだとか、逮捕歴が欠格条項になるとは書いていない。今度は正々堂々と問題を解いたらそれでよい。

来年の募集要項はわからないが。

入試の不正は許されることではないが、大学の定期試験でもカンニングはちらほら見かけた。そっちについてはマスコミは騒がないんだな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月 2日 (水)

卒論発表練習

年度末である。

衆論発表会に卒論発表会。皆さん、お忙しいことと思う。薬学科4年生は、はっきり言って暇です。卒論でヒーヒーいうのは2年後ですから。

今朝、ラボインするといつも朝早くは見かけない四年生が卒論のスライドを作ってた。徹夜?ついついチャチャを入れてしまったが、迷惑だっただろうか。

指導教官に、教えてくださる院生、そのほかの上級生。みんな言うことが少しずつ違う。バックグラウンドが化学系か生物系か物理系かでも視点が異なるから、つっこみも多種多様。

発表する本人はさぞ困ったことだろう。

自分は一歩下がっていれば良かったと反省。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 1日 (火)

生きています

ブログの更新が久しく途絶えてしまいました。こんなに期間が空いたのは久しぶりかと思います。

実は、ラボで発表する機会がありまして、そのための準備に追われていました。大小2つのうち片方が終了したので、一息つけます。しかし、来週の月曜日に小さい方があるので、それまで気が抜けません。

ブログの更新が途絶えている間に、イベントが一つありました。8セメスターの成績発表です。なんと、なんと、なんと、今セメスターも全Sは無理でした。

薬学科の人の中には全Sの人も多いと思います。と言いますか、ほとんどの人は全Sかもしれません。

薬科学科の人は、もちろん、全Sでしょう。

何とか、浪速大学在学中に一度でいいから全Sをとってみたいものです。

そんなわけで、何かと忙しいので、フェイスブック登録のお誘いを受けているのですが、ほかったまま。「ちょっと待っててね」と、返事したいのですが、お誘いメールがフェイスブックのシステム経由のようです。返事自体がフェイスブックに登録しないと送れないみたい。

これじゃだめじゃん。

家のパソコンはハードディスクの調子が悪いし、踏んだり蹴ったり。だんだん暖かくなってきた今日この頃、桜の開花だけが楽しみです。

とまぁ、とりとめもない近況報告でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »