« ニューフェイス | トップページ | 新規開拓の立ち飲みショップ、千里屋 »

2011年4月 8日 (金)

高度副プログラム

浪速大学には大学院高度副プログラムというものがある。いわゆる副専攻のようなポジションである。

これは大学院生向けのプログラムであるが、今年度からは6年制学部の5,6年生にも開放される。ごく一部ではあるが。自分は6年制の薬学科なので受講する資格はあるのだが…。

この副プログラムを受講することのメリットがイマイチ見えてこない。これからの時代、専門バカになってはいけない、広い視野を持たねばならないという趣旨には賛同する。それなら希望する講義を聴きに行けばよいわけで、プログラムと大げさに風呂敷を広げる意味は何なのだろう。

学位記がもらえるのか?修了したら履歴書に書けるのか?

先日の卒業式では、副プログラム修了者にその努力をたたえる拍手が送られていた。代表者が修了証を総長から受け取るわけでもなく、アプローズをもらってもねぇ。

|

« ニューフェイス | トップページ | 新規開拓の立ち飲みショップ、千里屋 »

大学での講義・演習・実習」カテゴリの記事

コメント

確かに色々な教養を身につけたいのは身につけたいのですが・・・

投稿: こい | 2011年4月10日 (日) 01時11分

時間を見つけてでも、興味のある話を聞きに行くべき。

今だけですぞ、そんな余裕があるのは。

投稿: シュナッペル | 2011年4月10日 (日) 15時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209119/51312666

この記事へのトラックバック一覧です: 高度副プログラム:

« ニューフェイス | トップページ | 新規開拓の立ち飲みショップ、千里屋 »