« | トップページ | 取材 »

2011年4月13日 (水)

テプレノンではない

先週飲んだ胃カメラの結果を聞いてきた。カメラで目視する限りでは食道、胃共に問題はないということ。一安心である。

良かったね、で診察終了になりかけたが、胃がムカムカするのはどうするのか。そう質問したらやっと胃薬の処方せんが出てきた。要求しないと出ないのが普通なのか。もしかしたら、自分は大げさ過ぎなのかと心配になる。

処方せんはファモチジンD錠とムコスタ錠。

内視鏡検査で問題がない時に、胃防御因子を増強するのか攻撃因子を抑制するのか、どちらから攻めるのか疑問だったが、両方だった。

ファモチジンは商品名ならガスター。OTCでも購入可能。ムコスタ錠は成分名で言うとレバミピドテプレノンが処方されるかと思っていたが。

はて、なぜにテプレノン、商品名セルベックスカプセルなのだろう。遠い記憶をたどっていくと…、そういえば、実務実習事前学習で扱ったような気がしないでもない。

お約束なので、ムコスタ錠に関してはジェネリック関係を質問してみよう、薬局で。

|

« | トップページ | 取材 »

薬学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209119/51378733

この記事へのトラックバック一覧です: テプレノンではない:

« | トップページ | 取材 »