« マイ医薬品集 | トップページ | イタリア・クエスト:旅の予算は »

2011年8月 8日 (月)

実務実習1.5期 8日目

実務実習1.5期も8日目、そして最終日である。

本日、要介護者は最後の点滴を受けた後、主治医から退院後の治療方針について説明を受け、入院料金を精算し、めでたく退院となった。

1週間にわたり、1日病院を2往復して、正直疲れたというのが感想。自分が無職だから介護もできるが、家族が働いていたらそうもいかない。病気をすると本人も大変だが、周りも大変だ。

さて、1.5期時痛実習でわかったこと。薬の力は偉大である。もちろん、疾患に依存する話ではあるが、ピタリとはまれば薬の投与で完全に病状が回復する。要介護者の場合、薬がピタリと当たった。

ありふれた疾患だったことも幸いしているのかと思う。

とはいえ、医師には見なれた疾患でも、初めてそれにかかる要介護者はパニックである。熱は40℃近いし、日曜は救急車を呼ぶかどうか迷うほど。結果、119番に電話しなくて良かったのだが。

もう一つわかったこと。金曜日に発症するとホームドクターから大病院に移動するまで日曜日を挟むから、患者も介護者も気が気じゃない。

さらに実感したこと。自分は疾患に関する知識も薬に関する知識も、まだまだ不足していると痛感。もっともっと勉強しなければ。

|

« マイ医薬品集 | トップページ | イタリア・クエスト:旅の予算は »

病気」カテゴリの記事

薬学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209119/52423105

この記事へのトラックバック一覧です: 実務実習1.5期 8日目:

« マイ医薬品集 | トップページ | イタリア・クエスト:旅の予算は »