« 毎日こつこつと | トップページ | 木蘭の涙 »

2012年1月11日 (水)

バイブル

生物系学生のバイブルと言えば『細胞の分子生物学』。

Bruce Alberts: 細胞の分子生物学

Bruce Alberts: 細胞の分子生物学

現在は第5版が発売中だが、定価は\23,415-。枕にできそうなほどの分厚さならこの値段も頷ける。

本日ネットをフニフニしていて発見した本がこちら。『細胞の物理生物学』。

Rob Phillips: 細胞の物理生物学

Rob Phillips: 細胞の物理生物学

『細胞の分子生物学』のパクリ本かと思いきや、Amazonの解説を読む限りではまじめな本のようである。WebCatでもヒットするから、まっとうな本と考えて良いだろう。これは早速、生命科学図書館に購入のリクエストを出さなければ。

よし、『細胞の生物物理学』などという本を執筆してみるか。

|

« 毎日こつこつと | トップページ | 木蘭の涙 »

大学での研究・学習」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209119/53714707

この記事へのトラックバック一覧です: バイブル:

« 毎日こつこつと | トップページ | 木蘭の涙 »