« 大晦日 | トップページ | 『春の道標』、黒井千次 »

2012年1月 4日 (水)

きちんと引用しようよ

図書館とは著作権に厳しいところである。館内の資料をコピーするためにコピー機が備えられているが、それを使って複写できるのは館内の資料だけである。持ち込んだ自分のノートをコピーするのはダメ。館内の本のコピーでもおおむね半分以下とコピー範囲に制限がつけられている。しかも、コピー部数は一部だけ。これも著作権の絡みで厳しくきめられている。友達の分もと思ってコピー部数を1以外に設定しても無理だ。館内のコピー機の設定が1部に固定されている。

そんな著作権には厳しい浪速大学附属図書館理工学分館が未来の猫型ロボットをテーマにした企画展示を開催中。下の図はその案内のスクリーンショット。タイトルのフォントがおしゃれである。このフォントを作った人のドヤ顔が思い浮かぶ。

20120104doraemon

2012-Jan-04 12:20のスクリーンショット

背景に描かれている薄青色のシルエット。これはだれがどう見てもドラえもん。日本人の99.9%以上の人がそう認識できるだろう。それならそうと、「あの」ロボットとは書かずに、原作者名からきちんと表示したほうがよいのではなかろうか。それが著作者に対する敬意というものだろう。

|

« 大晦日 | トップページ | 『春の道標』、黒井千次 »

浪速大学紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209119/53651350

この記事へのトラックバック一覧です: きちんと引用しようよ:

« 大晦日 | トップページ | 『春の道標』、黒井千次 »